2009-01-21 02:27

● Seagateが好きなだけに

このニュースはショックでした。

■ Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090118_seagate/

僕らが愛してやまないSeagateが、そんなことになってたなんて(´Д⊂

該当モデル一覧が上記サイトで確認できます。

そのモデル名が、Barracudaなんですが、そのモデル昔からあるやつじゃまいか。
最近HDDを買った人はもちろん、Seagate製HDDを持ってる人は、自分のドライブ調べてみた方がいいです。自分のHDDがSeagate製かどうかは、デバイスマネージャのHDD欄を見ると判別できます。

  1. スタート
  2. コントロールパネル
  3. ハードウェアとサウンド
  4. デバイスマネージャ
  5. ディスクドライブ を展開

これで自分のHDDモデルナンバーがわかります。(VISTAの場合)

sea01 一番新しいドライブで去年の夏に購入したものが、該当モデルに入ってました。

それより前は2年以上たってるので、さすがに該当しておらず。

該当モデルがみつかったら、次にHDDのシリアルナンバーを探すこと。

sea02 HD TUNEを使い、私はシリアルナンバーを知りました。

HD TUNEでは、表示されている情報を、クリップボードにコピーし、テキストエディタなどに貼り付けることができます。

シリアルナンバーまでわかったら、Seagate社にアクセスし、自分のHDDが致命的なバグがあるのか、更新ファームウェアがでているか調べるのですが、上記リンクのGIGAZINEに書いてあるシリアルナンバーチェックサイトが、消滅しています。

2ちゃん情報なのか、どのHDDのどのシリアルナンバーのどのロットが該当するか、まとめてくださってる方がいました。

■ 続・Seagateがやってくれた。 | ひねもす庵
http://skaz.jp/archives/1091

・・・ロットって、どこみたらわかるんだ。HDDそのものみたら書いてるのかな。

自分の環境では、シリアルナンバーまではわかるけど、ロットまではわからず、メールフォーラムで対応してもらって、該当するHDDかどうか問い合わせるしかないみたいです。

でもね、Seagate日本語サイト、涼しい顔してふつうにあるんだけど、サポートしてくれるのかな。。
とにかく、バックアップは取りましょう ということで。

■ Seagate Technology - Seagate Technology
http://www.seagate.com/www/ja-jp/

メールでうまく対応できなかった場合、電話対応もしてくれるようです。

■ Seagate製ハードディスク・・・。 [ピクスログ]
http://picslog.picsmate.net/2009/01/19/666/
Tag:HDD SEAGATE
2009-01-19 01:10

● Windows7が楽しい −いろいろ触ってみた編−

Windows7日本語beta版ダウンロードは以下からできます。

前回のエントリで、Windows7をノートPCにクリーンインストールしてみました。
インストールしたPCスペックは、セレロン1.8Ghz、メモリ1GB、HDD120GB、グラボがGeForce 8600M GT。だいたいこんな感じ

起動時の画面。
W7008

タスクバー&ウィンドウがすごかった

w7010 一見した見た目はVISTAそっくりだけど、触ってみるとまるで違う。進化してることがわかります。

ぱっとさわってわかる違いが、タスクバーがウィンドウの最小化じゃなく、アイコンが並んで格納される場所になってるってこと。アプリケーションを右クリックでタスクバーに常駐させる(クイック起動の機能)こともできるし、複数ウィンドウが開かれていても、アプリケーションアイコンは1つで統一され、画像のようにマウスを近づけると画面のサムネイルがポップアップされる。

このタスクバーが、うまく考えて作られていて、これまでは最小化されたウィンドウのアプリケーションの入れ替えができなかったけど、ドラッグ&ドロップで順番の入れ替えもできる。

タスクバーの右端をクリックすると、デスクトップが表示される。

w7009 起動しているアプリケーションを左右に並べる、上下に並べる、重ねて表示ができるようになってた。

タイトルバーをゆさぶると他のアプリケーションが最小化される。
ウィンドウのサイズを下にひっぱると画面の端まで大きくなる。

VISTAより快適

w7011

ウィンドウを透明にしてデスクトップをみることもできる。使うかどうかは別として。

サイドバーがなくなって、ガジェットが自由に配置できるようになってました。
「サイドバー」という入れ物がなくなって、より直感で使えて、入れ物がない分余分なマシンパフォーマンス食わなくてスッキリした感じ。

w7012 w7013 電卓とペインター。

ペインターが多機能になっててビックリ。BMP以外の形式にも保存可能。

クリーンインストールしたから、アプリケーションがなにも入ってないので、自分で1からいれるしかないんですが、とりあえずVISTAで動いているアプリはどれもふつうに動いてました。

w7014 
IE8になってなにが変わったのかよくわからず・・。IE依存のKIKIブラウザがうまく動いてくれず。
IEでは使いづらいのでGoogleChromをダウンロードして使いました。

webブラウジング程度では、ガジェットのCPUメーターはほとんど上がらず。
メモリ1GBのPCがエアロ使ってもサクサク動いてるのは感動しました。重いアプリを動かすと重くなりそうではあるけれど。

w7015
試しにニコニコ動画をみたら、やっぱ重くなってました。これはWindows7に限らず、PCのふつうの挙動でしょうが。

LANがわからない

一番困ったのが、家庭内LANの構築。
なんかやり方変わってるっぽい・・・。

■ Windows 7の実像 Part 6 無線LANとホームネットワークの改良
http://ascii.jp/elem/000/000/205/205227/index-3.html

VISTAとXPはワークグループで接続すればそれで使えたけど、Windows7では接続のためのパスワードが出てくる。それを入力すれば接続できる と上のリンクには書いてるけど、入力する画面が出なくて単にエラーがでてはじかれるだけ。

相互のPC間は見えているけど、フォルダやファイルを参照しようとするとはじかれる。
LANをさほど詳しいわけじゃないので、お手上げ状態です(´Д⊂
今回の写真全部USBメモリで別PCに移しました。λ....

Windows7って必要?

以前の自分のエントリの疑問に対する答えが、このbeta使っただけで出せそうです。

Windows7は必要。なんかうまく言い表せないんだけど、エコな使い方してるんです。PCが無駄にカリカリ言ってない。VISTAよりも省エネな使い方してる。根拠はメモリの消費量にあるようです。

■ ここがすごい! Windows7|無計画地帯
http://ameblo.jp/zettairyouiki/entry-10163502922.html

■ マイクロソフトのグリーンITが地球を救う!?
http://ascii.jp/elem/000/000/177/177873/

VISTAは黒歴史 とまでは言わないけれど、Windows7の踏み台であることは確定的に明らか。今から7への期待は高いです。7が出たら、2TBのHDDとOS一緒に買おうか とかすでに妄想が・・。betaにしても、これだけ完成度高かったら、もう移行しちゃいたいところだけど、このbetaは、2009年8月には使えなくなるようで、発売は来年のはずなので、8月にもうVISTAに戻れない環境になっちゃってたら困るな。

w7016 VISTAにもある機能で、エクスプローラのツリー表示してるフォルダの横スクロールがなくなっているのは、7でも同じでした。さらにVISTAみたいにあちこち動かないように、かなり深い階層までいってもなかなかスクロール状況までたどりつかないのが不思議だった。

でも、フォルダ名みえなくなってるだけなのかもしれない・・。

VISTAと比べると、直感的で使いやすく、完成度が高そうな7。VISTA使いとしても、発売が待ち遠しいです。

最後に、うちよりも詳しくわかりやすくWindows7を紹介しているブログさんを紹介しておきます。

■ 3流プログラマのメモ書き : Windows 7β版を Virtual PC にンストールしてみた。 Part4
http://jehupc.exblog.jp/9400706/
Tag:Windows7
2009-01-17 03:01

● Windows7が楽しい −XPからインストール編−

以前、「Windows7って、必要?」という記事を書きました。それから数ヶ月、やはり特別Windows7の必要性を感じないまま情報だけは集めていましたが、先日、日本語のbetaサービスが公開されました。

■ Windows 7 β、ようやくダウンロード開始 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0901/11/news003.html

w7001

早速ダウンロードしてみたら、ダウンロードファイルはISO形式ファイルでした。
これは、仮想ドライブにマウントして使用するか、このファイルをDVDに焼くことでインストールディスクとして使うことができるものです。

普段使っていないノートPCがあるので、試しにインストールしてみることに。
ノートPCは、XPで使用しています。
ところが、Windows7betaは、VISTAからのアップグレードには対応しているものの、XPからWindows7へのアップグレードは対応してませんでした。

w7002

XPでは、上の画像の画面で、「アップグレード」を選択すると、エラーが出ます。「カスタム」を選択すると、インストールする場所が選べました。これは、OSの核となるカーネル部分がまるで違うからアップグレードできないのかな?

アップグレードができないというだけで、クリーンインストールなら問題ないらしい。ゴクリ。ようするに、今まで使ってたソフトとかファイルとか、全部消しちゃって、1からセットアップするってこと。
ちなみにこのbeta版を使用して問題が起こっても、マイクロソフトもパソコンのメーカーも誰も何も保証してくれません。自己責任で行いましょう。

 

 w7003

クリーンインストールしてみた

ただし、XPの環境はそのまま残し、同じドライブへのクリーンインストール。なにかあれば、PC起動時にOS選択画面でXP起動できるようにした状態。

2回ほど再起動があり、1時間もかからずに、インストールは終わりました。

w7004

起動直後の画面。AERO未適用です。

w7005

AEROを適用し、壁紙を変更。真ん中にあるのはガジェットです。

私のノートPCはDELLの「Vostro 1500」
スペックはコチラ

セレロン1.8Ghz、メモリ1GB、HDD120GB、グラボがGeForce 8600M GTだったかな

w7006

VISTAにもある、パフォーマンスチェックを、Windows7でもやってみると、こんな結果でした。

w7007

もっと低いパフォーマンスかとおもいきや、意外に高い数値。
でも、VISTAでは最高値が6.0だったのに対し、Windows7では7.0が最高なようなので、数値は少し低めにみておくべきかな。
AEROにしたくらいでは重くなりませんでした。

そんなわけで、インストールは無事終了。
長くなるので、機能やさわってみた感じなどについては、別のエントリに書きます。

Tag:Windows7
2009-01-16 08:40

● DAEMON Tools Lite

フリーの仮想DVDドライブソフト。
実際はドライブがないのに、PC上で存在しているかのようにみせかけるソフト。
CDやDVDの中身をそっくりパソコンの中に取り込み、仮想ドライブソフトでドライブを存在させると、ディスクを入れ替えることなくDVDが再生できたり、ソフトのインストールができたりする。

インストール

作者サイトから、画面左側「Downloads」をクリック。
「DAEMON Tools」と書かれてあるリンクをクリック。
一番上の、「Download: DAEMON Tools Lite」のリンクをクリックすると、最新バージョンがあるページへジャンプします。

dae01
私がダウンロードした時点でのバージョンは4.30.3でした(画像参照)

画面右側にある「Downloads」の文字をクリック。
するとファイルを保存する画面がでますので、自分のわかりやすい場所に保存。

ダウンロード後、保存したファイルをダブルクリックすると、インストールが開始され、最初に言語の選択が出ます。日本語を選択。使用許諾書を同意したり、YES押したりしてると、インストールは終わります。ただしこれは、SPTDというツールが先にインストールされるようで、SPTDのインストールが終わると、再起動後、DAEMON Tools Liteがインストールされます。DAEMON Toolsのインストール後は再起動はありません。

dae02 インストール完了後、タスクトレイにDAEMON Toolsが起動します。
右クリックで画像のようなメニューが開くので、仮想ドライブを作成し、ドライブにディスクをマウントすることで仮想ドライブとして使用できます。

dae03 仮想ドライブは、初期状態では1つだけ作られています。最大4つまで仮想ドライブを作成できますが、1つのドライブでディスクを入れ替えれば通常のDVDドライブと同じように使えます。


もちろん、『仮想』なので、通常のCDやDVDは挿入できません。
PC内にあらかじめとりこんであるDVDやソフトウェアが必要で、それらは「イメージファイル」と呼ばれ、それらのイメージファイルを仮想ドライブへ挿入することを、「マウント」と呼びます。

dae04 イメージファイルがないと、仮想ドライブはその目的を果たせないけれど、イメージファイルは、DAEMON Toolsでは作成できないので、他のソフトを使いましょう。

イメージファイルを作成するのはDVD Shrinkなどが有名です。作成されたイメージファイルは、「ISOファイル」が一般的です。(他にも種類はあるみたいですが、私はISOしか扱ったことがありません。)

DAEMON Tools Lite紹介サイト

■ DAEMON Tools - k本的に無料ソフト・フリーソフト
http://www.gigafree.net/utility/folder/daemontools.html

■ DAEMON Tools Lite
http://ringonoki.net/tool/cd/daemontools.php
2009-01-15 03:28

● VISTAでAdministratorの表示を消す

VISTA使用時、一番最初の設定でユーザー名とパスワードを作成し、1人で使っている場合は、起動時ユーザー名を選択することはない。けれど、家庭内LANの設定をしているとき、ふだんは表示されていなかったAdministratorが表示されるようになってしまった。

1人で使ってるのに、起動時に2つのアカウント選択画面が表示されて、起動が遅くなるので、これを解決する方法。

Administratorの表示を消す方法

aco01 タスクバーの「スタート」ボタンをクリック。
すべてのプログラム」から
管理ツール」をクリック。
ローカルセキュリティ ポリシー」をクリック。

aco02 ローカルセキュリティ ポリシーの画面を開く。
画面左側の ペインで、「ローカルポリシー」の右向き三角をクリックし、展開させる。

セキュリティオプション」をクリック。
画面左側のペインに、項目がずらっと並ぶので、その中の
アカウント:Administratorアカウントの状態」をダブルクリック。

aco03Administratorアカウントの状態のプロパティ」画面で、「有効」「無効」を切り替える。

「有効」・・・画面上にAdministratorのアカウントが表示される
「無効」・・・画面上にAdministratorのアカウントが表示されない

 

この情報は、下記のサイト様をそのまま参考にさせてもらいました。

■ Administratorアカウントの状態
http://www.kotaete-net.net/Default.aspx?pgid=14&qid=220820768303
Tag:Vista tips
2009-01-13 15:07

● ファイル共有ソフトを使うということ

某所で見たニュース

 

winnyを使うと、危険ですよ。と言われてます。
以前、shareとかいうのを使おうとしてましたが、使い方がイマイチわからず(ノ´∀`*)
使いこなすにはめんどうな手順踏んだり使い方を覚える必要があったため、使わなくなりました。ファイル共有ソフトを使う上でのリスクを100%熟知しているわけじゃないので。

リスクについて、完璧に書いてるところってないよね?
ウイルス対策ソフトを導入しなさい。というくらいでは?
あと、リスクを背負う覚悟をおいなさい とか、その程度にしか聞いたことない。

このニュースの元銀行員は、ウイルス対策ソフトを導入してたんでしょうか?
ソフトがあってもすり抜けてくるウイルスはありますが。
銀行員の、しかも副支店長までいったひとが、危機管理が不十分っていうのは同情しかねます。やましいサイトなど見ない、行かないんだろうけれど。でも、人に自分のPC使われるのは気分悪いものですね。PCなんてプライバシーの塊だし。パスワード設定してろ と言われればそれまでだけど、家族が無断で使うというのも考えたくないものです。

とはいえ、悪いのはwinnyよりも、ウイルス流した人でしょ?
使う側も気をつけましょう。という呼びかけはいいけれど、このソフトを使うことが悪い ととらえてしまうような物の書き方はいかがなものかな。

窓を開けっ放しにして空き巣に入られて、窓を開けておいた方が悪い というような話ですね。

 

過去にウイルスやブラクラをふんだ、たまにウイルス対策ソフトがウイルスを検知している(感染したことはない・・はず)私ができるアドバイスといえば、

  1. ウイルス対策ソフトは常に最新の状態を保つ
    (自分のウイルス対策ソフトは1時間ごとに更新しています)
  2. 匿名掲示板に書かれてあるURLはドメインで見極めろ
    (普段からURLを解読するクセをつける)
  3. 一見して極端に広告の多いサイトには注意する
    通販サイトならまだしも、個人サイトで広告が多すぎたり、海外のサーバー使ってると警戒してます。
  4. ダウンロードしてきた開けないファイルは疑え。ただし拡張子で見極めること。
    (動画ファイル、画像ファイル、音声ファイルなどが開けなかったら、拡張子偽装のウイルスの可能性アリ)
Tag:ウイルス対策 ファイル共有
2009-01-04 15:49

● 2008年アクセス解析

webの片隅にあるようなサイトにきていただいて、ありがとうございます。
Google Analyticsを使って、2008年のアクセス解析をしてみました。

seesaaにブログを借りたのが、2008年7月5日。
およそ半年間の解析結果です。

トータルレポート画面。
ga2008

途中、グラフがガクッと下がってるのは、10月にブログのテンプレート変えたときにGoogle Analyticsのスクリプト埋め込むの忘れてたところと、SeeSaaがサーバーダウンしてたときのもの。

11月は、諸事情でネット自体できてなかったんですが、更新があってもなくても人は来る件。訪問者の85%が検索エンジンから というのは、常駐して見てくれているリピーターがいないってこと?まだよくGoogle Analyticsがわかってないんだけど、セッションとページビューの差が5000あるのは、それだけリピーターがきてくれているってことなんだろうか?

もっとも読まれた記事ベスト5

リンクは記事ページへジャンプします。

  1. FF11のコンフィグまとめ 7/25記述
    2位以下にダブルスコアつけてぶっちぎり1位。なに、もう他の記事いらん?
  2. winampが多機能すぎる件 7/31記述
  3. Junk(トップページ)
  4. Handbrake 9/21記述
  5. サイドバーがあればランチャーいらない? 7/29記述

ブログ開設当初の7月に書いた記事が3つもランクイン。
後で書いた記事にそれだけ魅力がないということになりますね。これは大いに反省します。まぁでも、裏を返せば、誰にも見向きもされてなさそうなフリーソフトを紹介することにも喜びを感じます(マニアック)aimp2とか・・。

PCハードウェアの環境だとかはある種時事ネタなのでいいとして、関連記事として一番多く書いてあるFirefoxの記事がさほど読まれていない件(ノ∀`)タハー

 

最も検索された単語ベスト5

リンクは記事ページへジャンプします。

  1. FF11 コンフィグ
    自分のブログ紹介するとき、これでぐぐったら出てくる て教えてますw。
  2. mp4 winamp
    winamp今は使ってないです。。
  3. ff11 config
    自分のために書いたコンフィグまとめが誰かの役に立てたようで嬉しいことです。
  4. メモリの掃除屋さん vista
    vistaではある意味メモリ掃除必要ないんだけど、Windows95から使ってた我々には、捨てがたい1品でもあります。
  5. aimp2
    いまでも普段使ってる再生ソフト。さしたることも書けませんが、また記事にしようかなと思ってます。

 

ブラウザ別ベスト5

  1. Internet Explorer 63.29%
    IEの中でも、IE7が1位でした。これは意外。XPのSP3にしたらIEが7になっちゃったんでしょうか?2位がIE6、3位にIE8。IE8を使う度胸は私にはまだありませぬ。。
    そういえば、IEとはわかっても、SleipnirやLunascapeかとかはわからないみたいです。しょんぼり。。
  2. Firefox 29.01%
    こちらはさすがに3.0以降がほとんど。
  3. Opera 3.81%
    Opera9以降。自分もたまに使ってます。
  4. Safari 1.80%
    win使いなので、サファリでみたとき、自分のサイトはどう見えているのか気になるところ。
  5. Chrom 1.59%
    Google ChromがFirefoxをぬくことはできるか。Googleサービスに特化したブラウザになったら化けそうですね。

 

OS別ベスト3

1位Windows、2位Macintoshですが、少数派にWii、Playstation3、iPhone、iPodがありました。どんなふうに見えるの!? ランキングはWindowsのバージョン別。

  1. WindowsXP 63.73%
  2. WindowsVISTA 33.07%
  3. Windows2000 2.61%

VISTAユーザー(意外に)多いですね。「VISTA糞」「VISTAいらねぇ」とか耳にすることが多いけど、慣れたら使いやすいよ?特にエクスプローラは操作性良すぎて、もうXPに戻れない。

 

画面解像度ベスト5

昨今、ワイド化や大液晶化が進むので、一昔前のように解像度が1024*768のみではなくなってきました。統一されない解像度ランキング。

  1. 1280*1024 26.05%
  2. 1024*768 17.78%
  3. 1280*800 13.34%
  4. 1680*1050 13.27%
  5. 1920*1200 9.03%

トップ5を合計しても全体の80%に満たない。ほんとモニタって多種多様になってます。
あんまりいろいろあるので、一番大きいPCモニタ探してみました。(Junk調べ)

  1. 3840*1440 総ドット数5529600
  2. 3840*1200 総ドット数4608000
  3. 2560*1600 総ドット数4096000

モニタのワイド化で横の解像度が広がるのはわかるけど、縦に1600ってどんだけ!?
1600*1280のモニタを縦に回転させて2個で使ってるのかな?
デュアルモニタは良いです。手放せません。

地域別

ga2008-2

地域別1位は新宿。やっぱり都市部からのアクセスが多いです。

 

というわけで、Junkの2008年アクセス解析でした。普段はコンテンツ別だけみたりなど、流して見てる感じなので、改めてまとめて見ると楽しかったです。
2009年もらくーに更新しますのでよろしくお願いします。

Tag:まとめ アクセス解析
2009-01-02 22:05

● AviUtlメモ-プラグイン

動画編集用の国産フリーソフト。

■ AviUtl実験室 - AviUtl実験室
http://www.tenchi.ne.jp/~yoko/aviutl/index.php?AviUtl%BC%C2%B8%B3%BC%BC
■ seraphyのプログラム公開所
http://seraphy.fam.cx/~seraphy/pg_mod.html

■ 動画編集の基本中の基本「AviUtl」でH.264動画を作る :教えて君.net
http://www.oshiete-kun.net/archives/2008/11/aviutlh264.html


動画を作る人には必須なソフトともいえるくらい、有名なソフトです。
なので、使い方は割愛して、自分のプラグイン状況などをメモメモ。

 

プラグイン登録の仕方

作者サイトには、AviUtl本体とは別に、各種フィルタ、機能拡張、読み込み、出力用コーデックを使用するための各種プラグインがあります。また、作者が作った以外のプラグインもあるので、全部入れなくてもいいので、欲しいプラグインだけいれるといいです。

プラグインを登録するには、AviUtl.exeのあるフォルダに入れてAviUtl本体を起動すると登録されています。

入れてあるプラグイン

  • 拡張編集Plugin AviUtl作者サイトよりダウンロード
    動画に字幕を追加したり、画像(bmpのみ?)や別の動画を追加。エフェクト(シーンチェンジ)も追加できる。
  • x264 詰め合わせ seraphyのプログラム公開所よりダウンロード
    H.264関連の便利なものがいくつもありますが、自分が使うのはMP4Pluginのみ。
    MediaCoderを使うまではAviUtlでMP4への出力をしていたので、使わせてもらってました。
  • neroAacEnc.exe (海外サイト)
    mp4形式で音声圧縮するための実行ファイル
    ※ 上記リンクより、使用許諾に同意する「Agree」ボタンを押すと、「NeroDigitalAudio.zip」がダウンロードできます。解凍後「win32」というフォルダの中にある「neroAacEnc.exe」をAviutl本体と同じ場所へ移動させると使えます。
  • DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl
    Windowsで読み込み可能な動画ファイルをすべて読み込めるようにしてくれる
    MP4、MPEG2、flv(VP6)、MotionJPEGの読み込みは確認しました。
    mp3は読み込めませんでした。

※ 自分の環境では、「ffdshow」のコーデックも入れています。

Tag:動画 AviUtl

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。