2013-04-05 00:16

● 電子書籍を使ってみた

電子書籍ももはや珍しいモノではないかもしれませんが、いくつか使ってみての雑感や今後の展望を妄想したりしてみます。

使ってみたのは、Amazonの電子書籍、Kindle for Android
eBookJapanのアンドロイド版とPC版。
あと比較対象として自分で自炊したpdfファイル。androidアプリはPerfectViewerです。

読んだのはすべてコミックです。小説は試してません。


一番使いやすいアプリ:PerfectViewer
さすがに完成度の高さや読みやすさ、メニューの豊富さと設定の自由度、商業版アプリとは比較になりません。なんといっても、1巻を読み終わって自動で2巻に進んでくれるのは、今回比べた中ではこのアプリだけでした。先に結論言ってしまいますが、電子書籍買うより自炊して読むのが一番いい

PerfectViewer設定画面一覧。
pv001.pngpv002.png

pv003.pngpv004.png

これで設定すべてではなく、ここからさらに詳細に自分好みにカスタマイズできます。
その上、本を読んでる時に画面のどの場所にタッチしたかで、アプリの挙動を設定することもできます。
pv006.png
ほぼデフォルトのままで使いやすい仕様になっていますが、よく使う機能がある人はここで割り当てると便利になります。


電子書籍の危うさ。
電子書籍は、使い方によってはとても便利なものだけど、購入した電子書籍は暗号化されていて、専用アプリがないと読めない。Kindle版にいたっては書籍がPCで読めない。androidとPCを接続しても、ダウンロードした書籍がどこに保存されてるのかもわかりませんでした。root化とかしたらわかるのかな?しないけど。

※ PC上でandroidアプリが動かせる状況にすればPCでKindle書籍を読むことはできます。


電子書籍サイトが用意した専用アプリなので、そのサイトが閉鎖になってしまったら、購入した当初は本が読めても、以後のバージョンアップなどはなくなるし、そうするとOSの変化についていけず、結果として将来的には読めなくなる可能性が高い。
そして、まだ電子書籍黎明期だというのにすでに閉鎖しているサイトまである…海外ですが。

■ 阿鼻絶叫の嵐、JMANGA終了で購入した漫画が見れなくなる - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2136374232378048001

■ EBook2.0 Magazine − JMangaサービス停止の波紋
http://www.ebook2forum.com/members/2013/03/closing-of-jmanga-and-rights-of-the-users/

著作権を保護したい出版社の都合はわかるけれど、がんじがらめに規制しすぎた例ではないでしょうか。そもそも出版社はこれまで電子書籍化に反対していたようなので、あまり乗り気じゃなかったのかな という気もします。
電子化するのはもう遠い将来そこしか道はなさそうなので、それを押し止めるより、どうやってそこに勝機を見出すかを考えてどう実現するかを進めていく方が大事だと思いますが。
日本の電子書籍化は、『やっと始まった』という感じがします。

紙の本を買うのと同じ値段で…。

なぜ印刷代かかっていないのに紙の本と同じ値段なのか。
なぜ大判の本がそのままの値段なのか。
集英社は違いますが。集英社くらいの本の値段だと買いやすいです。これは、集英社だけが電子化に乗り気なのかなとも見えます。だとしたら、講談社や角川書店が価格引き下げることなんて永遠になさそう…。なんとなく。


最大の販売元、出版社の腰が重い電子書籍ですが、その利便性はすでに捨てがたいもので、読んでる途中の本にしおりをはさまなくていいというのはすばらしいのひとこと。いつでも続きが読める。持ち歩くのはタブレット1つだけで、何冊でも持ち運べる。コミックなどは本によってはすぐに1冊読み終わったりするので、空き時間にちょっと読みたいときに気軽に持ち歩けて便利。


Kindle for Androidの画面。
pv007.png
Kindle for Androidでは、本の並び替えが自由にできません。フォルダ分けもできません。
最近表示した順、タイトル順、著者順のみ。
…コミック読みづらい。

これはたぶん、小説や書籍を読むために特化されてるアプリで、コミックの販売はしているけど、そこに力を入れてないようです。書籍を読む上では便利そうですが、コミックは巻数分けされているので1巻から並んでいないのはなんとも気持ちが悪い。

さらに、せっかくのAmazonで購入したのに、レビューがアプリから書き込めない
なぜ??
メールでわざわざレビューしませんか?と言うくらいなら、アプリから直接レビュー書き込めるようにしてほしい。読了後の情熱そのままに書けると思うんですが。

音量ボタンでページがめくれるのはいいです。わざわざ画面をタッチしなくていい。フリックはたまに誤動作するので、若干のストレスがあります。


eBookJapanの画面。
pv008.png
eBookJapanは、コミックの電子書籍に特化したサイトです。全巻セット販売や、キャンペーン対象作品の1巻購入したらポイント100倍など、Amazonに比べてサービスが良く、買いやすいです。
トランクルームと呼ばれるクラウド上にコミックを置き、読むときにダウンロードし、読み終わったらまたトランクルームに戻せるので、Androidで途中まで読んで、PCで続きを読めたりできます。これは簡易マルチデバイスなので、現在の主流はどのデバイスでも同じ物を共有できるということなので、今後変わる可能性もあります。

購入した本はフォルダ分けでき、また背表紙でどの本があるか一瞥できるので、見やすく、購入前にサンプルで立ち読みもできるのが良いです。

アプリの設定がもっと細かくできるようになったら、もっといいかな。
特に音量ボタンでページのめくりができるようになってほしいです。
これからの成長を見守りたい感じ。あと、コミックのレビューが書けないのは新規に買うときに参考にできないので、これは改善した方がいいと思います。


コミックについて
コミックの見開きを横向きで見てみたところ。

2012/6/22発行
nexus7-08.jpg
この見開きだけ見ると、空白がたいしたことないように思えるけど、どのページもこういった空白のおかげで、一回り小さく読み進めなければならなく、この巻を読むのが苦痛でした。
このときすでに20冊購入していたので、大後悔しました、、。こんな本20冊も読みたくない。自分で自炊した方がよっぽどいい、と。

それでも、3冊くらい読み進んでいくと、かなり改善されていて、だいぶ読みやすくなりました。
ne001.png
※ 画像が暗いですが、実際の画面はもっと鮮明に見えます。
ちなみにこれはKindle版です。が、アプリによるページの違いはあまり感じられなかったです。


別のコミック。こちらはeBookJapan。
ne002.png
見開きに違和感がない。
これは漫画家さんの描き方にもよるんでしょうか。同じような見開きでも、完全につながってるように見える作品と、そうでない作品にわかれました。昔の作品は、つながってないのが多いです。


自炊したコミック。PerfectViewerで見たもの。
nexus7-09.jpg
安心のPerfectViewer。中央が薄暗いのは、元々のコミックがそんな感じになってたかな。


カラー版コミック。Kindle版。
nexus7-04.jpg
完璧すぎる鼻血出そう。。
このページ見たときめっちゃ感動しました。コミックではこうは見れないから。


総評
電子書籍モノクロ版買うくらいなら、自分で購入して自炊して読むのが一番。
ダウンロードしやすくするためか、1冊のファイルサイズは30MBくらいに抑えられてますが、自炊したコミックは1冊で100MB使っています。これは解像度を2Kくらいに合わせてるため。そして近い将来タブレットの主流解像度はフルHDくらい超えそうなため。
解像度が低いからか、ページによっては文字が読みにくいところもあったので、電子書籍ももうちょっと解像度上げて欲しいです。

ただし、カラー版コミックは電子書籍ならではのサービスだと思うので、これだけは買って読みたいものが多い。そして昔の名作などをどんどんカラー版にしてほしいというのと、それが軌道に乗れば、出版社の今後の展望にもつながるんじゃないかな〜 という希望的観測。

ストアについては、2つのサイトでしか試してませんが、今後の主流はeBookJapanにしたいと思います。まだ使ってないBookLiveに浮気するかもしれませんが。

Amazonではセット販売がないので、1冊ずつ購入しなければいけないのと、連続購入してるとき、「おすすめの商品」に先ほど購入した商品が含まれて何食わぬ顔で表示されるので。購入済みの商品除外くらいしてほしい。マークつけるとか。危うくポチってしまいそうなのと、書籍の並べ替えができない使えなさは、大きな会社ならではの、小回りがきかなさで改善される見通しも暗そうだと思うので。


参考にさせていただいたサイト様
■ コミック利用を意識した電子書籍ストアの比較とまとめ(2013年春版) - もとまか日記
http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20130308/1362688393

■ 電子書籍比較コム | 電子書籍サイトやサービスを徹底比較!対応端末の良否も検証します!
http://www.ebookhikaku.com/

■ 電子書籍ストア BookLive! - マンガ、小説、雑誌まで【無料サンプル多数】
http://booklive.jp/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。