2014-09-02 18:21

● 【その6】ケース、CPU、マザーボード交換【まとめ】

今回のシリーズ記事
【その1】ケース、CPU、マザーボード交換【準備】
【その2】ケース、CPU、マザーボード交換【CPU・クーラー取付】
【その3】ケース、CPU、マザーボード交換【組立】
【その4】ケース、CPU、マザーボード交換【セットアップ】
【その5】ケース、CPU、マザーボード交換【トラブル】
・【その6】ケース、CPU、マザーボード交換【まとめ】

最終的な構成はこうなりました。
cm089.jpg
斜めから。
cm083.jpg
CPUクーラーのサイズのマークがかっこええ…!

PCIカードをさしまくってHDDもつけまくって、しかもHDDの下3台は電源も入ってない状態だけど、それでもごちゃごちゃにならない。裏配線のおかげです。
ちなみに旧PCの状況はこうでした。
cm002.jpg
お、おう…。ホコリがすごいな。

空間が広く取れると、風の通り道ができる。
旧PCではケーブルが風を遮断して、ケース内部が高温になりがちでした。

cm085.jpg
PC前から風が入って、後ろや上に抜けていく。
これをやるための裏配線でした。
HDD横にファンがつけられたので、HDDの熱をより後ろに逃がすことができるようで、ここが一番気に入ってます。だからこそ前回の記事でここのファンが動かなくなったのは焦った…。

WS000450.png
温度チェック。
これはテスト用に5分ほどの動画をエンコード中の状態で、CPUに負荷をかけている時のスクリーンショット。

WS000439.png
こっちは旧PCの画像で、このときはブラウジングしかしてない、CPUに負荷もかかっていない状態で常に80℃近い温度だった。そりゃあれだけパソコンがホコリまみれだとそうなるよね…

今後はこまめにホコリとるようにします。。

cm090.jpg
稼働させるとファンが回転し、LEDランプがついて涼しげに見える。
cm091.jpg
リアファンは新しく購入したもので、羽も青いのでめちゃめちゃ青く見える。後ろから見るとちゃんと動いてるのがわかるので気に入ってます。


cm074.jpg
後ろから見たところ。

cm078.jpg
前から見たところ。
電源ボタンは一番上にあるけど、一番上スライドカバーがついてて、取り外すと小物入れになります。

cm092.jpg
スライドさせると、電源ボタン、USB、ヘッドホン用イヤホンとマイク端子がある。

cm082.jpg
裏配線。

cm093.jpg
こうしてみたら、ごちゃごちゃしてるけど、だいぶすっきりまとめられた、と思う。

マザーボードにつながっている配線のほとんどは一度この裏側を通り、最小限のケーブル長でマザーボードに接続。
SATAコードもSSD以外はすべて裏配線。裏側には見えていないBDドライブのコードもわざわざ裏側を通ってます。
無理に押し込まず、極端に曲げず、まとめはするけどあまり重なりはせず、その上なるべく表に出さずに結束したつもり。もっと上手にできるようになりたいなぁ。



おまけ・ベンチマーク



WS000453.png
SSDのベンチマーク

WS000442.png
HDDのベンチマーク

cm076.jpg
CPUのベンチマークは持ってないので、Windowsスコア
最高のマシンがいくつかわからないけど、最新のCPUと、4年前のグラフィックスの値が0.2しか違わないのはどうなの?
と、思ったら、Windows7での最高スコアは7.9なんだそうです。5年ほど前のOSでの最高値に近い数値を今では手軽に得られる と考えたら、これはすごい。
4年前のグラフィックってけっこういいの使ってるのね?(人ごと)
別売の変換コネクタが必要だけど、3画面同時出力もできるしね、このビデオカード。



おまけ・今回使った道具たち


今回この道具がなければ完成できなかった と思うほど重宝したツールたちの紹介。

cm087.jpg

iPad air

これがなければ自作しようとすら思わなかったほど重要なツールでした。
パソコンが使えない間のネット環境に。


2番プラスドライバ アネックスNo.1720
アネックス(ANEX) クイック電工ドライバー +2×100 No.1720
兼古製作所 (2012-11-30)
売り上げランキング: 68,038

先端はマグネットで、下向きにネジを回すことが多いので、ネジの落下防止に役立ちます。
先端以外は絶縁されているので、うっかり金属部分に触れてもショートの危険が少なく安心。

ところでこのドライバーを購入する前、私は1番のドライバを使っていて、ちょっとねじ穴に合わないけど使えてたからヨシとしてたけど、旧PCではネジ山をつぶしてしまいました。
どうにも外せなくなったので、今回2番ドライバーを購入と同時に、なめたネジでもはずせる液を購入。


ネジすべり止め液
ANEX ネジすべり止め液 No.40
兼古製作所
売り上げランキング: 139


cm094.jpg
これがなめたネジ。どうにも外せなくて数年放置してた。

cm095.jpg
上の液体をぬったところ。
これを塗って回してみたら、びっくりするくらいスルリと外せた!
ダメ元でも買ってみてよかった。ただ、だいぶ液があまったけどどうしよう??


ハサミ

もう10年以上使っていて、まったく切れ味の衰えないすばらしいハサミ。
よく見たらPLUS製。検索してみたらすごくいいハサミのようです。納得。
私は左手でハサミを使うんですが、右用左用と考えずに使える、カーブしたグリップも持ちやすく、力が入りやすい。今回は主にタイラップの結び直しにカットするのに使いました。。


タイラップ(結束バンド)

使い切りタイプ。
私のはセリアで購入したもの。


ライト
Z-LIGHT Z-108 W ホワイト
Z-LIGHT Z-108 W ホワイト
posted with amazlet at 14.09.02
山田照明
売り上げランキング: 1,106

室内のライトだけでは暗すぎるので、手元を照らすライトも必要。
これはぐりぐり動かせるので重宝してたけど、動かしすぎてマウントはずれて落ちたときは慌てたw
たまにネジがゆるんでたりするので注意がいるけど、使い勝手はいいです。


懐中電灯

狭いPCケース内を照らす道具は必須。
私のは災害用手回しLED電気です。明るさはいまいち。。
でも見れないことはないので、いいかな。


CPUスタンド紹介記事
モバイルCPUスタンド CS-7XK キャスター付
Smile
売り上げランキング: 3,170

PCの裏配線をするのに、自分が動き回らず、PCをぐるぐる回転させて配線をいじりたおすのに便利。
ただ、PCケースに足がついていると、スタンドに載せきれず、扱いにくいかも。


PC内部パーツ

今回購入したのはこれだけですが、


サンワサプライ シリアルATA電源ケーブル 0.16m  TK-PWSATA3LA
サンワサプライ (2006-10-10)
売り上げランキング: 1,815

これは旧PCからの使い回し。これのおかげでSATAケーブルを裏に回さず、4PINケーブルだけで裏配線が完成できた。



マザーボードのファンコネクタがいくつか動作不安定になったので、どうしようかと悩んでたらこれが転がってた。
いつからあって元々どこについてたものかさっぱり覚えてないけど、持っててよかったラッキーツール☆




おまけ・PC構成


最終的なPC構成。

ケース
 クーラーマスター CM690III
電源
 Corsair TX750W 750W Power Supply

CPU
 Intel Core i7-4790K
CPUクーラー
 サイズ 虎徹 SCKTT-1000

マザーボード
 ASUS H97-Pro
メモリ
 CFD W3U1333Q-4G*2枚

ビデオカード
  ATI AMD Radeon HD 6850
サウンドカード
 Creative X-Fi Audio
PCIスロット
 StationTV
 KEIAN DM626 H3 キャプチャカード

SSD
 INTEL SSDSC2CT240A3
HDD
 ST3000DM他
光学ドライブ
 Pioneer BDR-207JBK

モニタ
 EIZO FlexScan S1931
 三菱 Diamondcrysta RDT231WM-X

キーボード
 東プレ Realforce 106
マウス
 Logicool M705

OS
 Windows7 Professional 64bit

現在のデスクトップ
モニタ1
cm097.jpg
モニタ1のランチャ「Claunch」起動時
cm096.jpg

モニタ2
cm098.jpg

Rainmeterで気分転換にデスクトップの装飾してました。
Speedfanは私の環境ではうまく動作しないのと、OpenHardwareMonitorのプラグインは動かし方がわからないので、Core Tempで情報取得。
ひとまずこれでいいとして、どうしてもやってみたいのが、DMCのロゴをクリックすると、タイトルコールするようにしたい…!



おまけのおまけ・撮影環境


cm099.jpg

今回90枚ほどの写真を撮ったカメラ
・OLYMPUS OM-D E-M10

■ ミラーレス一眼カメラ OLYMPUS OM-D E-M10|オリンパス


レンズ
・Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm /F3.5-5.6

■ LUMIX G VARIO 14-140mm|Panasonic


三脚
・KING fotopro C-4i

■ 三脚 King FOTOPRO C-4i  - THING MAKING UNLIMITED
上記サイトさんが公式サイトよりずっと詳しく書かれていたので、紹介用リンクさせていただきました。
Tag:パソコン 自作

● 【その5】ケース、CPU、マザーボード交換【トラブル】

今回のシリーズ記事
【その1】ケース、CPU、マザーボード交換【準備】
【その2】ケース、CPU、マザーボード交換【CPU・クーラー取付】
【その3】ケース、CPU、マザーボード交換【組立】
【その4】ケース、CPU、マザーボード交換【セットアップ】
・【その5】ケース、CPU、マザーボード交換【トラブル】
【その6】ケース、CPU、マザーボード交換【まとめ】

PCケースが閉められないので、先日注文したパーツがこれです。



届いたので、さっそく作業に取りかかり、4PIN電源につなげて、HDDに取り付けるとこう。
cm075.jpg
三段腹だったころはこう。
cm056.jpg
だいぶスッキリしました。

よっしこれでみんなうまくいった。
というわけで、SATA電源はほぼ4PIN接続の分岐ケーブルに変わったので、SATA電源を裏に回す必要もなくなり、だいぶ裏側がスッキリできるぞ、と配線を大幅に入れ替え、ほとんどのケーブルをつなぎ直しました。結束バンドも大量に使い、ケーブルとケースを固定。

cm084.jpg
電源ケーブルすべてを裏側にまわすと、サイドパネルが閉められなくなるので、使わないケーブルは前に残してまとめて束ねてケース底にしまう。

cm080.jpg
さらにPCカードもさして内側だいぶスッキリ。
完璧。さぁケースを閉めましょう。
サイドパネルを閉めてモニタ、キーボード、電源をつなげ、スイッチオン

しーん。

・・・?

ウンともスンとも。。

モニタになにも映らないどころか、ファンも回らなければ音も鳴らない。
一瞬だけ電源ランプがついて消えた。コンマ5秒くらい
もう一度電源ボタンを押してみる。
最初の一瞬よりさらに短く電源ランプがついて消える。コンマ2秒くらいかな。
もう一度押すと、ランプすらつかなくなった…。

おーまいが。

ケーブル類、電源、配線はちゃんとささってる。
あとは電源ランプがつかなくなって、通電もされてないか確認。

cm073.jpg
マザーボードには、電源がつながっていると、PCが起動していなくても通電してるランプがつく。この緑のランプがついてる限り、マザーボードに電気がきているということ。
ひとまず大事ではなさそうなのでほっとした。

あとは配線をつなぎ直したとはいえ、ほぼ元通りの箇所につなげたはずなのに、ファンすら回らない問題。


うん、さっぱりわからない。
こういうときの一番いい方法。
寝ること。

壁にぶつかったとき、一番いいのはリラックスすることです。
トラブルも悩み事のときも同じ。
さらに睡眠は脳内の記憶を整理するといわれています。
睡眠でリラックスして、脳内整理して、目覚めたときは悩んでいたときよりもよい考えが浮かんだりする。

ということでぐっすり寝た後、考えを整理しつつ原因を検索。
パソコンの電源がつかない理由は様々で、症状も原因も何通りもあり、それだけにはっきりとつかめないことが多いけど、自分の症状に近いものを発見。

■ 誤って、マザーボードを直接PCケースに取り付けてしまい、ショートさせてしまいま... - Yahoo!知恵袋
■ PCが動かない 2/4 | PCトラブルバスターズ!!! | DOS/V POWER REPORT
■ 自作パソコンへの第一歩/マザーボードを取り付ける

これらを読むと、ケースとマザーボードをつけるときに、ケースにまずスペーサーをつけ、その上にマザーボードを置き、マザーボードをスペーサーに固定します。
ケースとマザーボードは1cmほど離れた状態でつく ということ。

私が組み立てたのは、ちゃんとスペーサーついてます。
ただ、マザーボードにつけるねじ穴は6個だけど、ケースにつけたスペーサーは8個つけました。
いっぱいあるとそれだけ安定するかと…バカタレちゃん。

余計なスペーサーをつけたおかげで、マザーボード裏側の配線がスペーサーに当たって、ショートしてる可能性がある。前回の記事では通常に起動してふつうに動いてたけど、今回は配線をだいぶ動かし、結束させたことで、今までゆとりのあったものが締め付けられてショートした というのが私の考えた原因。

なので、マザーボードは通電してるけど、スペーサーのあった場所の配線にからんだ部分はショートして動かない可能性がある。そしてそれがCPU、メモリーなど重要な箇所にあたるかどうか…。


それを確認するために、まずPCケースをあけてすべての配線を外す。
最小構成からやり直し。つまり一番最初からやり直し
余分なスペーサーを取り除く必要があるため、ケースからマザーボードを取り外します。

最終段階までこぎつけた上で一番最初からやり直しとはなんとも私らしい皮肉ハハン

焦ることはない
組み立てる前と同じようにまた組んでいけばいい。
とは思っていたものの、やっぱり落ち着いて組めなかったようで、このトラブル以降写真がだいぶ減っています。。
わかりやすい心境。


ケースから取り外し、CPU、メモリ、電源、スイッチボタンをつなげ、ケースに入れる前に電源をつけるテスト。
モニタにはまだつなげない。

cm079.jpg
CPUクーラーが動いているので、ここまでは大丈夫。
ふぅ、壊れたりはしてない模様。

ここからは、少しづつ確認しながら接続させます。

余分なスペーサーをケースから外し、ケースにマザーボードを取り付けて電源つなげて確認、OK
モニタをつなげてBIOS画面が出るかを確認、OK
ビデオカードをつなげて、BIOS画面が出るかを確認、OK
ケースに取り付けてあるファンを電源とつなげて回転するか確認、NG
なんで??

PCが起動してもファンが回転しない。。
このときどうしてそう思っていたのか、私は4PIN電源を、マザーボードのファンコネクタにつなげていました。
マザーボードと電源はATX電源でつなげている(上の写真のマザーボードと太いケーブルの接続がそれ)のに、なぜか4PINもマザーボードと接続させてた。させないといけないと思い込んでいた…。アホタレちゃん。

でもSATA電源ってHDDにしかつなげないよね。
ということを思い出し、だったらマザーにつなげておく必要はないんじゃない?てことで、マザーボードから外すも、うまくファンが動いてくれない。

cm086.jpg
これが4PINケーブル。1本のケーブルに5つほどコネクタがつながっています。
これはもしかして、この4PINケーブルが無駄に接続させてたことでショートした?
これがショートしたおかげでPC全体が動かないということはなさそうなので、このケーブルを使うのをやめて、予備の4PINケーブルを使用。(電源からものすごい存在感で這い出ていたあれらのケーブルは、主要ケーブル以外は同じケーブルが2本ずつありました。それらすべてのケーブルを使うことはなくても、どれを使うかはユーザーの自由)

電源をつなげてファンが回転するかを確認、OK

4PINケーブル1本無駄になったのは痛いけど、そもそもこの4PINケーブル1本だけあればほとんどの電源を確保できるので、まぁいいかな。


続けてさらに接続確認を。
USBケーブル、HDDランプ、電源ランプ各種ケーブルを接続して確認、OK

ここで気がついた。

cm088.jpg
HDD横のファンが回転していない。

なんで??
電源は生きてる。ファンは回転してなかったけど、ファンについてるブルーLEDランプは点灯してる。
ということは、ファンがおかしい?
ん? ファンがおかしい…?
ファンを回転させるコントローラーがおかしい?

このファンは、旧PCから外したファンで、ファンを外すときに、ファンコンと切り離して取り出したファン。
cm030.jpg
これです。

つまり、ファンをコントロールする配線をカットしたので、ファンが動かなくなった。
しごく自然な結果。。マヌケちゃん。


そこで、今回購入していた新しいファンを使ってみる。
cm062.jpg
これです。

…つかない。
ファッ!?

リアファンは動いているので、これを外して、先ほどの購入した新しいファンと入れ替える。
リアファンで使っていた電源は裏側に回り込んでいたので、HDD横にとりつけるにはコードが届かないので、電源を外してHDDすぐ横のファンコネクタにつなぐ。

外したリアファンは動かず、新しいファンは動いた。
…これか!

cm081.jpg
HDD近くのファンコネクタが作動していない。

ここは、最初にケースにスペーサーをつけていた箇所に近い。
あと、4PINコネクタを無駄に装着してた場所でもあるので、これで動作不良起こしたみたい。
やっちまったな!

このファンコネクタは数カ所あるので、動作確認できてるファンコネクタにつなぐことに。
ちょっとスッキリしない配線になったけど、致し方なし。


これで気になる箇所の動作チェックは終了。
配線を結束し、動作チェック、OK
最後にサウンドカードをつなげて、セカンドモニタ、USBなど周辺機器を接続して起動、OK

やっとトラブル前と同じ状態まで戻りました。
これで、ケースのサイドパネルを閉めて動作確認できたら、自作PC完成です。
…長かった!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。