2008-07-25 22:43

● FF11のコンフィグまとめ

FF11の設定をまとメモ。
自分が知ってる限りで解説のようなものも添えておきます。自分が調べた範囲で自分の解釈で書いてますので、情報は間違っている可能性があります。設定変更によって不具合や不都合が生じても、私は責任をとりかねますのでご了承ください。

本記事にでてくる画面は、自分の設定値です。
基本的に最高画質で表示されるように設定しています。
(ゲーム内の表示で「キレイ」と「速い」は反比例するので、注意を)

FF11コンフィグ以外のビデオカードの設定などは以前の記事を参照ください

FF11コンフィグの場所

スタート
 ↓
すべてのプログラム
 ↓
PlayOnline
 ↓
FINAL FANTASY XI
 ↓
FINAL FANTASY XI Config

画面ごとの情報

Global

ff002
MipMap Enable

異方性フィルタリングの効果を補完する機能。
異方性フィルタリングは、ポリゴンテクスチャを自然な感じに表示させる。ぼかしの技術。ビデオカードの異方性フィルタリングを有効にし、MipMapをオンにすると、若干キレイになる。

ウィンドウモードで起動する

ウィンドウモードは、いわゆる、「窓化」
PCモニターに対して全画面表示をするかしないか。チェックを入れると全画面表示ではなくなる

GammaBase

ガンマ値とは 【gamma value】 - 意味・解説 : IT用語辞典
明るさの設定。基本は0で、画面が暗ければ+方向へ、明るすぎたら−方向へスライドさせる。

ショートカットを作成

FINAL FANTASYのショートカットをデスクトップに作成する。FFにインしやすくなるわけではなく、単にPOLへのショートカットと同等。

ゲームパッドの設定

コントローラーをつないでいる場合、ここで設定する。

FINAL FANTASY GAMEPAD Config

ff014 画面左側は、ゲーム内の挙動を決めるものなので、個人の好みで設定するとして、右側の方が難解そうなので、そちらのみ記す。
パッド有効

ゲームパッド(コントローラー)を有効にするか。
チェックを入れると有効

パッドオプション

SLIDER有効
Point of View有効

十字キーやアナログスティックなどの挙動を有効にする?
おおむねどちらもオンで有効。

ForceFeedBack有効

振動機能のあるコントローラーでは、チェックを入れると振動するようになります。

方向キー

移動

自分の設定では、アナログスティック(左)
スティックを倒しながら、ボタン1を押していくことで設定

カメラ

自分の設定では、アナログスティック(右)
スティックを倒しながら、ボタン1を押していくことで設定

メニュー

自分の設定では、方向キー
方向を押しながら、ボタン1を押していくことで設定

アサインパターン

コントローラーごとに適当にキーを割り振った設定が最初からされている。
自分で全部設定しおわったあとで押さないこと。涙目になります。

GAMEPAD Test

特にする必要はないけど、心配な人はテストしておくといいかも。

閉じる

設定が終わったら「閉じる」の後にでてくる「保存しますか?」で「はい」を選択

ScreenSize

ff003
Front Buffer

画面解像度。実際に画面に出力される解像度。
自分のモニターで表示できる以上のサイズを選んでしまうと、FFの画面がモニターからはみ出してしまうので注意。

Back Buffer

ビデオカードに出力する解像度。
バックバッファに設定した解像度で出力して、フロントバッファの解像度に表示する。

バックバッファの値>フロントバッファの値 もしくは、
バックバッファの値=フロントバッファの値
という設定にすることが望ましい。

選択できるのは1024*1024までだけど、レジストリを直接変更することでさらに解像度を上げることができる。


レジストリのいじりかたを書いておきます。ただし、レジストリをいじることで、不具合、動作不良などをおこすかもしれませんので、自己責任でお願いします。

バックバッファは、FF11Configからは、1024*1024までしか設定することができません。もっと綺麗に表示させたい場合、この数字をあげると綺麗になるのですが、それにはレジストリのバックバッファの数字を直接変更することでできます。

WindowsのStartボタンを押し、
VISTAだと「検索の開始」に「regedit」と入力
XPだと「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit.exe」を入力

コンピュータから、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PlayOnline\Square\FinalFantasyXI
というところを展開していきます。「\」が展開箇所。

 ff011 ←このなかにある、
0001〜0002がフロントバッファの値、
0003〜0004がバックバッファの値

0001〜0002のフロントバッファはFF11Configで設定した通りなので、いじらない方がいいかもしれません。

0003〜0004のバックバッファのみここで数字を変更してみます。
変更するには、名前「0003」または「0004」をダブルクリック。

ff012  
まず、「表記」の部分で、「16進数」が選ばれていれば、「10進数」に切り替えます。
そして、「値のデータ」に変更したい数字(ここでは「3200」を入力)
この数字を大きくしすぎると、ビデオカードに負担がかかり、操作が重くなります。

この数値でたまにキャラが固まってたので、3200は自分のPCでおそらくぎりぎりの数値。裏やカンパニエはまだいってないけど、おそらくそこでは動作が重くなるでしょう。
白門ではサクサク動けました。

バックバッファをいくつにするか迷ったら、下のリンク先にあるコンフィグ講座の方のサイトでは、ベンチマークの数値結果を目安に、動作に支障が出ない数字を決定しています。参考にみるもよし、もしくは「FF11 バックバッファ」で検索すると、バックバッファについてのわかりやすい説明つきで紹介しているブログさんもかかります。

みたかんじ、フロントバッファの倍の数字にしてる人が多い模様。
自分のPCでは解像度が1024*768なので、構成比4:3にしてますが、PCモニタによっては、1024*900だったり1024*800だったりすると思うので、構成比は自分のPCの解像度をみて計算してください。


TexturePerformance

ff004
General

HIGH/MIDDLE/LOW から設定可能
背景のライトや雲などの圧縮率。
HIGHは処理が速く、LOWはキレイ。

高い(粗い)>>低い(キレイ)
HIGH>MIDDLE>LOW

MenuMap

HIGH/MIDDLE/LOW から設定可能
地図(リージョンマップ)の圧縮率。
HIGHは処理が速く、LOWはキレイ。

高い(粗い)>>低い(キレイ)
HIGH>MIDDLE>LOW

3DMap

ff005
BumpMap Enable

地形の凸凹表現。チェックを入れると有効になる。

DeformAnimation

草木の揺れを表現。
OFF/NORMAL/SMOOTH から設定可能。

OFFは処理が早く、SMOOTHはキレイに表示される

Sound

ff006
Sound Enable

ゲーム内サウンド機能のオンオフ。
チェックを入れると音が出る。

SoundEfectNum

同時に鳴らす音の数。
多くすると処理が重くなる。自分は最低設定の12でも聞き分けられません。

Etc

ff007 
OpeningMovie Enable

オープニングムービーを毎回流すかどうか。
チェックを入れるとPOLが起動するたびにオープニングが流れる。

HardwareMouseCursor Enable

ウィンドウモードで使っている場合などは、FF11をしつつ別のアプリケーションでマウスを動かすと、キャラやカメラが勝手に動いてしまう。その制御を行うかどうか。

チェックを入れるとほかのアプリケーションを操作してもFFのカメラは動かなくなる。

SimpleCharacterMake Enable

キャラクター作成画面の簡略化。
チェックを入れると簡略化されるようです。

 

設定をすべて終えたら、「閉じる」→「設定を保存しますか?」と出るので「はい」を選択。FFに入りつつ設定を少しずつ変えたりして、自分のPCに見合った設定にすると良いです。

 

参考サイト
■ FINAL FANTASY XI Config講座
http://grendal.sppd.ne.jp/FF11/config/config01.htm

■ FFXI_動画_WOLFSBURG_VIDEO_STORAGE_コンフィグ_MipMap
http://www.wolfsburg.sakura.ne.jp/flaver/FFConfig_MipMap.htm

■ えふめも:Winトラブル
http://miara.sakura.ne.jp/ff/memo/m_win.htm

■ プレイ環境向上プロジェクト
http://shus.fc2web.com/playup04.html

Tag:カスタマイズ FF11
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。