2008-09-21 17:49

● Handbrake

DVDビデオ形式のファイルをMPEG4形式(Xvid、H.264)に圧縮変換させるフリーソフト。

特徴

  • DVDから本編だけを選択して圧縮できる
  • 音声の日本語、英語、その他の選択もできる
  • 字幕も選択可能
  • 操作がわかりやすく、画質、容量を設定できる
  • エンコードは、1つの映画から、複数の映画をbatファイルに設定保存させ、後でまとめてエンコードすることができる
  • エンコード時間が速い


このソフトを使うまでは、「FairUse」というソフトを使ってたけど、画質やエンコード方法が選びにくく、扱いにくい印象があった。
Handbrakeは、自分が使う種類別にあらかじめプリセットが用意されているのも、使いやすい特徴の1つ。

ダウンロード先

■ HandBrake - k本的に無料ソフト・フリーソフト(紹介サイト)
http://www.gigafree.net/media/dvdenc/handbrake.html

■ HandBrake総合スレッド 2(2ちゃんねる 映像制作板)
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/avi/1210078660/

■ HandBrakeでDVDバックアップ(詳細解説サイト)
http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/douga/dvd_convert/handbrake.html

 

使い方

解説サイトのバージョンは、現在自分が持っているものと少し違うので、以下に簡単にまとめてみます。(やっていることや書いてある文などは似たようなものです)

hb01 Handbrakeメイン画面。

映像ソースは、あらかじめ「DVD Shrink」などを用いてHDDにバックアップしておくと、まとめてエンコードしやすい(私はやったことはないけれど、DVDから直接読み込んでもできるようです)

画像の、赤く線を引いている箇所が設定箇所。

  1. 「ソース」の「参照」ボタン下にある「フォルダ(VOB形式)」「ファイル(ISOファイル)」どちらかを選択
  2. 「ソース」の「参照」ボタンをクリックし、圧縮したい映像を選択する
  3. 「ソース」の「タイトル」に「Automatic」が選択されているので、「▼」をクリックし、時間が一番長いトラックを選ぶ(時間が長い物が本編)

 

  1. 「保存先」の「参照」をクリックし、圧縮後のファイルの保存場所を決定する
  2. 画面右側の「Preset」から、自分が使いたいプリセットを選択
    映像設定が自動でiPodやPSPなどに適切な物になる
  3. 「エンコーダ」から好きなエンコーダの種類を映像、音声ともに選択
    (Xvidを選ぶ場合は、先にXvidのエンコードをインストールしておくこと。特にこだわりがなければ、H.264が現在最もキレイで圧縮率も高く保存できます)

 

  1. 画面下のタブから、「Picture Setting」でトリミング(上下に黒い帯が入っている映像などは、帯の部分を取り除ける)、サイズを決定する(Anamorphic PARにチェックが入っていると、4:3で作成されました。チェック無しだと16:9の映像)
  2. インターレースの解除も行える。

私は通常、トリミング「No Crop」、サイズ「Anamorphic PARにチェック」、フィルター、インターレース解除、ノイズ削減すべてチェック無し(none)で行っています

私は通常、トリミング「No Crop」、サイズ「Anamorphic PARにチェックなし」、フィルター、インターレース解除、ノイズ削減すべてチェック無し(none)で行っています

 

hb02 「Video」のタブで、映像の品質を決定します。

「平均ビットレート」に数字を入力するか、完成後のファイルサイズを指定。


「2-Pass エンコード」にチェックを入れると、より綺麗な映像が仕上がりますが、エンコードにかかる時間は2倍になります。

ビットレートは、CD1枚に納める場合、「サイズを指定」に「700MB」とすればOK。
画質を一定以上に保ちたい場合は、「ビットレート」に数字を入力。

余談ですが、ブルーレイの映像ビットレートはだいたい36,000kbps、地デジ放送のビットレートは18,000kbps、DVDの映像ビットレートはおおよそ4,400kbps(参考サイト)、CD1枚分に映像を納めた場合、ビットレートはおおよそ700kbpsほどになります。
さらに余談で、ニコニコ動画で高画質とよばれている映像などは、500〜800kbpsほどで作成されています。

 

hb03 「Audio&Subtitle」タブで音声と字幕の設定。

トラック1で「Japanese」や「English」お好みの音声を選択
音声品質も設定させておく。
聞こえればいい、という場合は「96kbps」、数字は好みで選んでよいですが、よい音質にすると、ファイルサイズは増えます。(完成後のサイズ指定をしている場合、高音質=映像の高圧縮になります)

「字幕」の「▼」から、「Japanese」など字幕の言語を選択。
邦画などは元々DVDに字幕がない物もあります。

だいたいの設定はここまでですが、「Advanced」にさらに細かい設定を書き込んで、拡張機能を使うこともできるようです。「Preset」で「PSP」や「PS3」などを選んだ場合、あらかじめ適切な拡張設定が入力されています。

 

最後に、画面上部の「開始」ボタンを押すと、エンコードが始まります。
hb04「キューに追加」ボタンで、設定を「Encode Queue」画面に表示させ、別の映像を選択、設定することができます。最後に、「Encode Queue」の画面から、「エンコード」ボタンを押すと、複数の映像をまとめてエンコードさせることができます。

「一括スクリプト」ボタンを押すと、複数の設定をまとめてbatファイルに保存させ、後でまとめてエンコードさせることができます。

また、batファイルなので、ファイルそのものをテキストエディタで開いて、設定を変更させることも可能。(コマンドライン形式の記述を知っている必要があります)

batファイルからエンコードさせると、コマンドプロンプトが開き、エンコード後自動で閉じます。

 

私のPC環境(Core2DuoE8400 3Ghz)でエンコードさせると、2時間の映像が2passで約4時間ほどで完成。2時間の映像を6本まとめてエンコードさせたら、2日かかってエンコード終わりました。

これだけ書くとエンコード遅い と思いますが、Aviutlで10分の映像を2passでエンコードさせると、2時間かかります。2時間の映像をAviutlでエンコードさせようとすると、12時間かかる計算。Aviutlはエンコードが遅いことで有名ですが、優秀な映像エンコードソフトとしても有名です。

Tag:動画 DVD
この記事へのコメント
初めまして、、、
Handbrakeに関し、大変詳しい説明を
有難うございます。
私の希望は入手した映像が700MB以上ある場合(主にAVI)それらを以下にしてCD−Rに焼くかです。
このソフトでサイズを700MBに指定
すればOKなのでしょうか?
Posted by Kabayo at 2009-11-25 08:04
はじめまして。
私はaviファイルをこのソフトで圧縮させたことがないので、aviファイルがこのソフトで圧縮できるかはわかりません。
ほかのエンコードソフトを利用した方ができそうですが、元々のaviファイルがH.264などですでに圧縮された状態であった場合、再圧縮すると著しく画質を損なう可能性があります。
動画変換ソフトなどを使えばサイズを変更して圧縮させることはできると思います。
Posted by へでゅ at 2009-11-26 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。