2009-03-31 18:27

● HDDレコーダーに保存してある動画をPCで編集する

コピーアットワンスだとかダビング10だとか、著作権守るためにユーザーの自由度奪われまくる昨今、タイトルみると簡単にできそうなことが、なかなかうまくできない地デジ時代。

テレビで録画した映像をPCで編集できるようにするまでを書いておきます。

私が持っているHDDレコーダーは、コピーアットワンス時代のものなので、ダビング10のようにテレビ番組の元映像残してDVDに複製を作ることができません。
映像を丸ごとDVDに移動させることはできるので、その機能を使います。

DVDに丸ごと移動させる方法は、自分のHDDレコーダーの説明書を見てください。

ちなみに東芝製RD-E300では、
スタートメニュー→録画番組を編集する→
編集したい番組を選んでダビング→「移動しかできませんよ?」とでてきたら、「はい」で移動開始

※ 番組が長すぎてDVD容量をオーバーしている場合、プレイリスト作成とチャプター編集でDVDに収まる長さに調整し、分割させてDVDにダビング。念のためチャプター編集点はCMの位置にしています。

ダビングした番組は、ファイナライズされていないので、DVD再生ソフトなどがないとPCで見ることはできません。

dvd01

DVDの中身を見ると、「DVD_RTAV」というフォルダの中身はこんなになってます。
このうちの、「VR_MOVIE.VRO」が映像ファイルなので、このファイルを含めた3つのファイルすべてをPCにコピーします。(他のファイルは番組タイトルなどの情報が書かれています)
が、ふつうにコピーしても、コピーアットワンスのプロテクト機能があるため、まともに再生できません。

そのコピーガードのようなプロテクト機能を、「CPRM」というそうです。CPRM機能を解除できれば、PCでも見られる物になる と。

CPRM解除〜分離、多重化

「relCPRM」というフリーソフトを使います。

dvd02
「relCPRM」の使い方は、上記サイト様が詳しく書かれています。
書いてある通りにやればいいだけなので、うちではこのソフトの使い方は割愛します。

CPRMを解除してHDDにコピーできたら、「VR_MOVIE.VRO」ファイルを「VR_MOVIE.mpg」と、拡張子を「mpg」に変更します。これでVROファイルを処理できないソフトでも処理できるようになります。ただしまだPCでは見れません。(見れるPCもあるかもしれませんが、私のPC環境下では見れませんでした)

ソフトによっては、この時点で編集できるようになっているものもあります。
MpegEditorでは、30分番組を4本まとめた複数番組の表示が、最初の30分しかみられず、mpegにフォーマットを変える必要がありました。

dvd03 TMPGEnc無料版のMPEGツールを使えば、フリーのまま映像の分離と多重化ができてmpegファイルが作成できます。

※ 映像ファイルの分離はできるけれど、MPEG2への多重化(Mux)はフリー版では1ヶ月間しか試用できないそうです。多重化させるには、別のソフトを探すか、シェアウェア版のTMPGEncやMpegEditorを用いる必要があります。

dvd04 「入力」欄の「参照」ボタンを押して、拡張子を「mpg」にしたVROファイルを選択。すると、ファイル内の映像と音声が抽出されるので、それぞれのストリームをダブルクリックすると、映像と音声が分離されます。

dvd05 今多重化できたとしても、いずれこうなります。
MPEG1なら多重化できそうです。

ライセンスの関係ということなので、MPEG2にするには、なにかしらのシェアウェアを用いるほかないようです・・?
(私はMpegEditorを使って多重化しています)

Tag:DVD 動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。