2013-07-15 22:34

● HDDを増やすだけのはずが1週間無駄になった話のつづき【完結】

先日、HDDを購入し、接続したい外付けHDDケースが壊れてる気がして壊れていなかった実はケーブルが壊れていたという記事を書きました。なんのこっちゃという人は前回の記事を読んで欲しいけどあまりに長いので読まなくていいです。私は3回読んだけど。

HDD構成
・SSD OSとインストールが必要なアプリケーションのみ入っている
・引退間近のHDD3台
・動画だらけのHDD複数台 外付けHDDケース2台使用して接続
・新規購入した3TBHDD2台 ←new!

この3TBのHDDを、PC内蔵とUSB外付けにわけたら、USB接続させた方がフォーマット途中でWindowsアップデートの悲劇にみまわれて、フォーマット途中にもかかわらず、私が寝ている間にPCが再起動してしまった。
改めてそのHDDをエラーチェックさせてます というのが前回までのあらすじです。あらやだこんな短い話だったかしら!?


エラーチェックをさせていて気づいたこと。
エラーチェック時間かかりすぎ… 終わるまで26時間かかってました。同じ3TBHDDでも、SATA接続で内蔵させている物は6時間ほどで終わった。
(エラーや不良セクタは見つからなかったのでフォーマット途中の自動再起動でも大丈夫だったというそこは良いニュースではあるけれど。)

pc046.png
エラーチェック中の画像を見ると、右下の『Scanning speed』が31.0 MB/sになっている。これはHDDへの転送速度を表しています。31MB/sの転送速度は、USB2.0並です。接続させているのはUSB3.0対応HDDケースに、対応ケーブルに、対応ポート。そもそも最初のフォーマットは40時間かけてやっていた。あれはもしかしてUSB1.1相当の速度でやってたんじゃないかしら?

どうしてこうなった?

CrystalDiskMarkというベンチマークソフトを走らせます。

pc048.png
↑USB3.0で接続しているはずのHDD速度。

pc047.png
↑同じ型番で、SATA内蔵HDDの速度。(数字が多い方が高速)
※ ドライブレターが同じなのは気にしないでください。計測した日が違います。

USBが極端に遅い。
ちなみに今回のHDD増設前の状態ではUSB3.0並のスピードがちゃんと出てました。HDDケースを修理(と間違えて)メーカーに送ったあたりからおかしくなった。
空いているポートに、USB3.0対応メモリを差し込む。
同じようにベンチマーク走らせる。結果は似たり寄ったり。

原因を色々検索してみましたが、PCトラブルというのは千差万別。正解を導き出すための原因を探るのでさえ重労働、、

さっぱりわからない(by 湯川教授

こんなときは、しょうがない。
前回のトラブルの時もそうだったけど、寝ます寝るに限る。

ついでに、ここまでほぼ休み無しで夜も昼も稼働させっぱなしだったPCも、区切りの良いところで休ませる。関係ないかもしれないけど、よくモデムやルーターの状態をリセットさせるのに、コンセントを抜いてしばらく放置する という処置?がされたりするので、USBケーブルと外付けHDDケースのコンセントも抜いて、ついでにeSATAの外付けHDDケースのコンセントも抜いて翌日夕方まで放置しました。


放置させてるうちに思いついたこと。
40時間近くフォーマットさせてるときに、フォーマットだけ動かすのは退屈なので、動画エンコードも同時にしてました。実は(・ω<)
このときCPU、マザー共95度以上の温度を計測。この状態が40時間近くずっと続いていた…。
そして外付けHDDケースは、修理から返ってきたとき、その場で箱を開けてすぐPCへ接続させ、USB1.1らしきケーブルとつないだ。このとき宅急便の箱を開けたとき、外気温度の影響で、HDDケース自体が異常に熱かった…

これか!!

でもそれじゃ、HDDケースと関係のないUSBメモリまで速度が遅かった説明にはならない。。
でもこれも、PC起動させっぱなしの熱がこもってたとしたら、おかしな接続させた影響が残ってる…?そんなアナログ思考なハハッ ←ビンゴ


とりあえず、外付けHDDケース2台を接続させていない状態で、PC起動
OS起動直後の、他のアプリケーションを起動させない状態でUSBメモリを3.0ポートに差してベンチマーク。(スタートアップアプリとかはそのままです。この状態でうまく動かなければどのみちダメだということだと割り切って)

pc049.png
…なんて微妙な数字を出すんだ。
読み込みは確かにUSB3.0の速度だけど、書き込みが遅い。。
試しにUSB2.0ポートに差してもう一度ベンチマーク。

pc050.png
ふつう。USB3.0の書き込みがやっぱり遅い。

試しにeSATA対応外付けHDDケースをつなげてベンチマーク。
pc051.png
やや遅い。けどこれはHDDの個体差の範囲内かな?
eSATAだとこんなもんかな。(USB2.0よりは速いのでOK)

最後にUSB3.0対応HDDケースを接続させて、ベンチマーク。
これはPCを起動させた後でUSBケーブルをつないで計測。USB接続させたまま起動すると2.0と認識し、一度ケーブルを抜き差しすると3.0と認識する という事例をどこかで読んだ気がします。

pc052.png
あれ?いいじゃない。
でも疑い深いので再起動させて、起動時からUSB接続させた状態でもう一度計測。

pc053.png
これはやったかもしれん。やっと勝てた!
しかしふだん猪突猛進な人間が一度石橋を叩くと、とことん叩かないと気が済まない。
PCをシャットダウンさせた状態から起動させてもう一度計測。

pc054.png
やった!クララが立った!
長かった一週間…ホロリ。ドライバの再インストールとか考えてたけど、やらずにすみました。

やはり原因は暑さ。それと熱さ。
PCもUSBも熱暴走気味になって異常になっていたようで、終わってみれば、クールダウンすればどうということのない問題でした。
この程度のことで良かった。
すわマザー交換か とか頭をよぎっていたので、事なきを得てなにより。

ところで、ベンチマークいろいろやってて出たこの結果。
pc055.png
今回購入した3TBHDDの数値。私の持ってるHDDの過去最高速度なんですが
これ結果出たときに、あれ?これSSD?と思った。

SSDはこれです↓ 以前使っていたドライブで、現在は引退。単純にHDDの速度比較と思ってください。Cドライブを計測しているので書き込みの数字が落ちているけど実際は速いです。
pc056.PNG

3TBHDDはSATA3に接続させたのかな?
もうPC内部のどのケーブルがSATA3なのか覚えてない(・ω<)

こうしてみると、USB3.0でもまだまだ遅いという感じ。
そういえばもっと速くなるらしいですね。

■ 「USB 3.0」が10Gbps(毎秒1.25GB)に高速化へ、コネクタはそのまま | BUZZAP!(バザップ!)
http://buzzap.jp/news/20130107-usb3-10gbps/

いつからなるのか、もうなってるのかわかりませんが、ドライバアップデートとかで対応できないかな?

この一連のHDDトラブルから、ちょっと考え方を改めまして、テラバイト以下のHDDはすべて一時的な保管場所と決め、主要ファイルはすべて今回購入したHDDへ移行させました。処理も速いしね。
構成も変えて、3TBHDDは2台とも内蔵SATAで接続、USB3.0の接続速度の影響を受けない状態で使用させ、保存場所に困ったときはUSBの手も借りる という感じに変更。
現在は移動させまくったファイルの断片化をデフラグ中。という具合です。なによ断片化82%って。ハハッ


今回の記事を書くのに参考にさせてもらったサイト様たち
(事例一覧の参考としてどうぞ)

■ Dell コミュニティ
http://ja.community.dell.com/support_forums/laptops/f/151/t/1582.aspx

■ 価格.com - 『USB3.0で認識しない場合がありますが・・・』 HGST Touro Mobile MX3 Black 1000GB JP 0S03466 のクチコミ掲示板
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000353586/SortID=14722392/

■ Windows7+SATA HDDでもPIO病は発生する : Web Memo.SE
http://128bit.blog41.fc2.com/blog-entry-317.html
Tag:HDD USB ベンチマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。