2014-08-27 14:45

● 【その2】ケース、CPU、マザーボード交換【CPU・クーラー取付】

今回のシリーズ記事
【その1】ケース、CPU、マザーボード交換【準備】
・【その2】ケース、CPU、マザーボード交換【CPU・クーラー取付】
【その3】ケース、CPU、マザーボード交換【組立】
【その4】ケース、CPU、マザーボード交換【セットアップ】
【その5】ケース、CPU、マザーボード交換【トラブル】
【その6】ケース、CPU、マザーボード交換【まとめ】

今回、PC新調のために買ったパーツリスト。すべて同じショップで購入しています。パーツ名リンク先はそれぞれの公式サイトです。

・CPU:Core i7-4790K BOX
・CPUクーラー:虎徹 SCKTT-1000
・マザーボード:ASUS H97-Pro
・ケース:CM690III
・ケースファン:UCTA12N-BL

cm001.jpg
旧PCと新PCケース並べてみた。右がこれまで使ってたPC。左が今回新調したPCケースです。

cm002.jpg
旧PCの中身。Twittwerで指摘されたけど、4年分のホコリがびっしり。閲覧注意です。

cm003.jpg
新PCケース内側

cm004.jpg
新ケースへの移行は、旧PCからのパーツを流用させるので、両ケースを並べて作業開始。
これは旧PCの配線を参考にしながら組んでいく狙いもありましたが、実際はほとんど旧PCの配線をみることなく進みました。

cm005.jpg
新しいマザーボード。真っ黒がかっこいい!

どこから組み立てるか特別順番はありませんが、下記に記してあるサイト様たちを参考に組んでいきます。
まず、左上にあるパネルのようなものを、新ケースに装着。

cm006.jpg
こんな感じ。パネル裏側にはスポンジがついています。昔は薄っぺらなパネル1枚でマザーとの間隔が割とスカスカだったけど、スポンジがあるとマザーボードがなじみやすくていいかも。
ただこれ、ネジ止めとかじゃなくて、パネルの端々にある爪で引っかけているだけで、ちょっとコツがいりました。

次にマザーボード。
マザーは裏側が突起だらけなので、床を傷つけないためにも、下にマザーの箱や段ボールなどを敷いて作業します。幸い、段ボールはアマゾンさんが大量に送ってくれてます。

cm007.jpg
マザーをPCケースにつけるのは後回し。まずCPUを取り付けます。
最初はCPU取り付け部にある保護カバーを外す。

cm008.jpg
CPUを固定させるためのフックとカバーをあげて、

cm009.jpg
CPUをポンと置く。置ける向きが決まっているので難しいことはありません。
おいたら、カバーを戻し、フックでCPUを固定する。

cm010.jpg
こんな感じ。昔はこのCPUカバー遊びがあって、カバーの押さえ以外がCPUに触れないようにしないといけないとかありましたが、今回なんにも気にせずつけてしまったけど、昨今のCPUは気にしないで止められるみたいです。

次にCPUクーラーを取り付けます。
私はIntel純正のクーラーではなく、自分で購入した虎徹というクーラーを取り付けるので、その説明書片手に取り付けました。

cm011.jpg
マザーボード背面にバックプレートを取り付け、表面からマウントで止める。
これCPUつけてからやったけど、CPU保護させるためにここまで先にやっておけばよかったと後で思いました。お互い干渉しないし。

cm012.jpg
私が今回の改造で一番ストレスたまると思っている、グリス塗布。
今まで塗ったことがないので(CPU純正クーラーにはグリスが塗布された状態で箱に入っているので塗る必要がない)グリスの量もよくわからない。。
手探りでヘラみたいなので塗ったけれど、とある先人さんの動画を見たら、指で塗ってました。
なるほど、指で塗った方が塗りむらもなくて量も多すぎないのかもしれない。ヘラで塗ったらムラもできやすくて、画像の状態だとちょっと多いかなと思う。でもこのまま使ったけど。

グリス塗布したところに、ヒートシンクを取り付けます。

cm013.jpg
このように。存在感ありすぎ。
ヒートシンク乗せただけだとグリス塗ってる部分がすべるので、マウント部分へカバーで固定。
サイズは大きいけどマザーボードのほかのパーツに干渉することもなく、うまく設計されてるなぁと感心。

このヒートシンクにファンをつけないといけないけど、それは後回しにして、先にメモリをつけます。
cm014.jpg

旧PCからメモリを抜き出し、新マザーに装着。
cm015.jpg

メモリをつけたあと、ヒートシンクにファンをあてがって、お互い干渉しないことを確認。

cm016.jpg
ヒートシンクにファンを装着。
ファンから出てるケーブルをマザーボードのCPU FANコネクタに接続。
画像ではケーブルがあまってだらけてるのが気に入らない。

cm017.jpg
ファンを90度回転させて、横にケーブルを這わせてコネクタ固定。たぶんケーブル外れたりしないと思う。タイラップで止めておけば完璧かも。
cm018.jpg
あと、ヒートシンクとファンの固定方法が針金だったことにびっくり。ネジ止めじゃなくても止まるんだね。

cm019.jpg
ようやくCPUとクーラーが取り付け終わって、ここからPC組立に入ります。
記事が長くなってきたのでわけようと思います。
続きは次回。

今回組立を行うにあたり、参考にさせていただいたサイト様たち


PC組立の最大の醍醐味と、そのハードルの高さの原因は、なんといっても、組立マニュアルが存在しないことではないでしょうか。PCケースの取説はしわくちゃな紙が5枚くらい旅のしおり並にまとめられてて、中身はイラストでどこにパーツを組めばいいかがだいたい書かれている
マザーボードの取説は家電のマニュアルのように本になっているけど、当然のことながらマザーボードに関する内容しかないので、HDDやビデオカード、ケースファンなどマザーボード以外のことは一切わかりません。

もう10年以上前のことですが、初めてPC自作したときはPCケースの取説は紙きれ1枚にすべて英語で書かれていたあのショックを私は忘れない。どこになにをつなげるかは自分次第。
なので、下記サイト様のように親切丁寧に書かれているところがなければ、私はCPUひとつ取り付けられませんでした。敬意と感謝を込めて。ありがとうございました。

■ 自作パソコン作り方(自作PC)大図鑑〜初心者必見〜
http://jisaku-pc.net/

■ エルミタージュ秋葉原 – これで全てが分かるCooler Master 「CM 690 III」徹底解説
http://www.gdm.or.jp/review/2013/1019/44356

■ 自称ゲーマーによるPSゲーム日記 : サイズ製CPUクーラー「虎徹」取り付け&レビュー
http://psgamertihou.ldblog.jp/archives/35287390.html

■ エアフローと冷却について | BTOパソコンミニ館
http://btopc-minikan.com/air-flow-ni-tsuite.html

■ 実践 新説! PCケースとファンのエアフロー実験 - JJsの日記
http://d.hatena.ne.jp/JJs/20121229/p1

■ 裏配線 - フリーズ物語
http://4338.blog.fc2.com/blog-category-20.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。