2009-10-26 14:26

● Windows7への移行〜アプリケーション〜

転送ツールのおかげで、VISTAからWindows7への移行は過去のOSと比べると、とてもすんなり移行できました。ブラウザの設定ファイルを移行させなくていいのはらくでいいです。

Thunderbird

じゃあメールも同じように以前のまま使えるか とThunderbirdをインストールしてみたら、新規プロファイルが作成されてしまいました。。

前もってバックアップしていたプロファイルフォルダを、新規作成されたプロファイルフォルダのある場所へコピー。新規作成されたプロファイルを消すと、Thunderbirdが起動しなくなりました。
「profiles.ini」をメモ帳で開き、Path=の部分にバックアップしておいた「○○.default」の名前に変更。これでThunderbirdが以前の状態のまま起動。

メールソフトでは転送ツールが機能しませんでした。

ちなみに、Thunderbirdの設定復元は、下記サイト様を参考にさせていただきました。

■ Thunderbird Help: プロファイルの管理
http://www.mozilla-japan.org/support/thunderbird/profile

カスペルスキー2010

旧製品ユーザーへのWindows7対応版は12月にDLできるそうです。(現時点ではWindows7未対応)でも、Windows7対応版はすでに発売されています。アップグレードは対応していない謎。旧ユーザーは12月までアンチウイルスなしでいろと??でも残っているライセンスは確実に60日分減るの?
カスペルスキーは優秀なアンチウイルスソフトかもしれないけど、6から7への移行時、アップデートしたらXPの動作が挙動不審になってOS再インストールを強いられたり、今回の旧ユーザー放置など、ユーザーサポートはよくないです。

一通り公式サイトを読んで「ふーん」とインストール。
普通に動作しています。でも公式では未対応なので、インストールする人は自己責任で入れましょう。

その他7で動作しているアプリケーション

  • BunBackup(紹介記事
    バックアップソフト。
  • Winshot
    スクリーンショットを撮るソフト。
  • IDManager
    パスワード管理ソフト。
  • WindowsLiveWriter(紹介記事
    ブログ投稿ソフト。
  • NNDD
    ニコニコ動画閲覧&管理ソフト。
  • ATOK2009
    日本語入力ソフト。
  • CLaunch(紹介記事
    ランチャー。
  • サイドバーガジェット
    ガジェットをダウンロードした際、1つのフォルダにまとめて入れていたので、そのフォルダをバックアップ→バックアップフォルダからダブルクリックでインストール 自分が使用していたガジェットはこれで使えています。

今後もインストールした際、動作確認したソフトを追加します。追加できるといいな。たぶんするんじゃないかな。

今回、各種アプリケーションを再インストールするのに、自分が過去に書いた記事が大いに役に立ちました。いやー、書いててよかったブログ。この先サクラエディタ(紹介記事)やFF11(コンフィグまとめ)なんかもあるので、たぶん初めて自分で書いた記事を投稿チェック以外で読んでます。書いたことを忘れ去っていることも多数あります^^

※FF11は現在課金していないので、Windows7上で動作するかはわかりません。同作用プログラムが公式からでているかもしれません。7に関するFF11情報も現時点では集めていません。

2009/10/26追記

動作しなかったアプリケーション

QTTabBar紹介記事
エクスプローラをタブ付きにするソフト。

インストール直後では動作確認できたけど、翌日、動かなくなっていました。
タブが空白のまま、クリックするとエクスプローラごと強制終了され、新規タブも開けない。

ファイラを使うより、VISTAや7のエクスプローラの動作になれると、QTTabBarが便利だったんだけど、現時点ではあきらめるしかなさそう(´・ω・`)

動作確認したアプリケーション

かざぐるマウス紹介記事
かゆいところに手が届く常駐ソフト。これがないとやはりエクスプローラの操作が不便でなりません。

Jane Style
2ちゃんねる専用ブラウザ。

AzPainter紹介記事
軽量な画像編集ソフト。最新バージョンの2ではなく、開発終了した1.36。

VIX紹介記事
画像ビューア。

サクラエディタ紹介記事
フリーで高機能なテキストエディタ。

ガジェットについて

サイドバーがなくなって、自由度が増したと思われるガジェットだけど、スナップ機能がガジェット同士を不自然に離して配置するため、サイドバーがあったときよりまとまりがなくなってしまった。。
SHIFTキーを押しながら移動させると、スナップ機能が働かず、どこにでも配置できるけど、ガジェット同士が整列できず、しかも再起動したらまた不自然な配置に戻ってしまう。

ガジェットの余白が設定されてるのかもしれないけど、直し方や作成方法を知らないので、もっといいガジェットを探すか、スナップ機能がもう少し使いやすくなってくれるのを期待。

Tag:Windows7
2009-10-25 20:42

● Windows7への移行〜転送ツール〜

Windows7発売日にこのブログのアクセスがモリッと増えててビックリ(゚Д゚)
どうやら「バックアップをとっておこう」の記事が読まれてたようです。

そう、バックアップは大事。

BunBackupを使って抜け目なくバックアップをとっていたつもりでも、7をクリーンインストールしたらこれまで撮っていたスクリーンショットの8割が消されていたり、携帯のデジカメで撮影した画像もすべて消えていたりしたので、バックアップは大事です(ノД`)
・・・ピクチャフォルダの指定間違えてたorz

ところで、7をインストールする際、VISTA上からインストールしたら、VISTAの入っているCドライブではなく、別のドライブにインストールされました。

インストール完了後、VISTAと7のデュアル起動ができるようになってました。
しかも、7の情報を集めていると、「Windows 転送ツール」というのがVISTAの頃からあったようです。

旧OSから新OSへ移行する際、転送ツールを用いて旧OSの情報を1つのファイルにまとめ、新OSでも旧OSの環境を再現できる というツールで、そんなツールの存在すら知りませんでした(゚Д゚)

じゃー使ってみよう!
というわけで、7からVISTAへ転送ツールをインストール。
これ、ちょっとびっくりしました。

7でPC起動させたあと、VISTA側へインストールができた。考えてみれば、同じメーカーのソフト同士、今までで相互互換きなかったのがおかしな話。

インストール完了後、VISTAでPC起動させ、転送ツールを用いてシステムの環境を集める。
(このへん、スクリーンショット撮ってたんです。撮ってたんですがね・・・消えてしまってね;;)

システムの情報等、トータルで1.1TBありました(゚Д゚)
そんな大量に移せるか(゚Д゚)
削れ削れ(゚Д゚)

というわけで、アプリケーションの情報程度にして、4GB程度に抑えて、1つのファイルに保存。

またまた7でPC起動させ、転送ツールを用いて先ほど保存させたファイルからシステム移行。

完了後、VISTAで使用していた壁紙が登場しました!
おーすげー。でもサイドバーは復元されず。

アプリケーションはどうだろう と、試しにFirefoxをインストール。

インストール完了後、Firefox起動。

ビックリ。昨日までVISTAで使っていた状態で起動しました。
アドオンもそのまま、タブもそのまま、ブックマークはもちろん、パスワード保存させていたサイトもクッキーもそのまま復元。完璧であります!と思ったら、FLASHなどプラグインは別途インストールが必要だった。ま、最新版がDLできてそれはそれで良し。

転送ツール便利!

というわけで、VISTA環境で作った転送ツールファイルを、別ドライブへ移し、Cドライブをフォーマット。バッサリ消去。だってCドライブにOS入れたいもの。デュアルブート?いりません。男なら前へ突き進め!そんなわけでスクリーンショットやランチャの設定ファイルがきれいさっぱり消えてなくなったわけですが。

最初に7をインストールしたCドライブ以外のドライブは、7が残りませんでした。代わりに、「Windows.old」というフォルダが作成されました。ここに旧OSのファイルがいろいろ残るらしいです。

 

クリーンインストールする際、下記サイトさんを参考にさせていただきました。

■ 旧 Windows への Windows 7 のクリーンインストールについて: 世の中は不思議なことだらけ
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2009/09/windows-windows.html
Tag:Windows7 買い物
2009-10-16 21:53

● Windows7移行のために、バックアップを取ろう

Windows7先行予約の記事を書いておきながら、予約しそこなってつい最近ようやく予約しました。
予約したのはこれ。

ところで、現在使用中のVISTAがUltimateなので、バージョン違いのアップグレードということになって、7インストールの際は新規インストールじゃないとダメなんだそうです。下位互換がないとはこれいかに。

とはいえ、新しく始めるくらいの気持ちで、1度PCをリセットさせてもいいか。
と、気楽に考え、じゃあその前に、バックアップとらなくちゃ。

必要なのは、ソフトウェアより設定ファイル

プログラム本体はたいていのソフトはネットからダウンロードできるけど、自分用にカスタマイズしたINIファイルなどは世界のどこを探してもない。SSや動画もしかり。ただ、私は普段から単なるデータそのものは別ドライブに保存するようにしているので、設定ファイルのバックアップだけを重視します。

使うのはBunBuckup

時期を見越してか、先日最新版がバージョンアップされました、バックアップソフト、BunBackup紹介記事)。

何が必要かなー と思って開いたら、すでに過去にバックアップしていた分が表示された。
pc017

なんというFF11群。
余談ですが、私はインストーラ式のソフトは好きじゃないです。自分の知らないところで勝手にフォルダが作られて、設定ファイルもどこかに作られて、バックアップが取りづらいから。ProgramFileフォルダを探すのが面倒。
なので、インストーラがないフリーソフトを好んで使い、一括して「フリーソフト」フォルダに入れておき、ショートカットをランチャに登録して呼び出したり、バックアップの際はフリーソフトフォルダをまとめてバックアップします。トータルのファイルサイズも、動画に比べたら微々たるもの。

今回バックアップしたものを、自分の環境で列挙すると、

  • ブラウザの設定 >> Firefox
  • メールの設定 >> Thunderbird
  • 動画関係 >>
    自分でかき集めたAviUtlのプラグイン各種
    最新版が安定しているとは限らないMediaCoderの現行バージョン
    ffdshow関連
  • 意外と後で探すのが面倒になるランタイム各種
  • ブログ投稿ソフト >> LiveWriterの全ファイル
    設定ファイルのみならず、これまでに投稿した全記事&画像ファイル
  • Live Messenger受信メッセージ
  • pukiwiki用、ホームページ用資料ファイル各種
  • FF11キャラクター設定ファイル 超大事!今課金止めてるけど!

今後さらに思いついたら書き足します。

Tag:Windows7 バックアップ
2009-06-26 23:33

● Windows7価格発表

Windows7の発売価格が発表されました。結構高い・・。

ラインナップ 通常版 アップグレード キャンペーン
Windows 7 Home Premium ¥24,800 ¥15,800 ¥7,777
Windows 7 Professional ¥37,800 ¥25,800 ¥14,777
Windows 7 Ultimate ¥38,800 ¥26,800 なし

キャンペーンは、2009年7月5日までの先行予約キャンペーン価格です。

アップグレードの対象者を調べたけれど、公式にはっきり書かれてなくて、唯一上記サイトで

Windows XP をお使いのお客様も Windows 7 アップグレード版を購入することができます

という文章を確認できたので、おそらくパソコン持ってる人はどれでもアップグレード品を購入できるのではないでしょうか。

ちなみにこのキャンペーン、数に限りがあるのか、マイクロソフトの公式サイトでは、Home Premiumがダウンロード、DVD版ともすでに売り切れになっていました。ダウンロードが売り切れて・・・。購入予定の方はお早めに。


 

■ 機能比較表
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/windows-7/compare-editions

ところでこの機能比較表を見る限り、ProfessionalとUltimateの差別化がいまいち取れてないような・・。ラインナップ2つで良かったんじゃない??VISTAでいっぱい出しちゃったからせめて3つ出しとけみたいなそんなかほりがプンプン。

私は現在VISTA Ultimateを使用していますが、Ultimateじゃないとダメ!という要素が薄いので、HomePremiumでいいかなぁ。7のXPモードという機能はProfessionalとUltimateにしかついてないみたいですが、VISTAで動いてるソフトが7で動かないというのもあんまりないんじゃないかな。ないといいな。FF11は問題あるかも。でもたぶんそのうち対応するだろうし、企業が開発しているソフトは7対応版が出ることを祈ってます。

■ Windows 7 @ ウィキ - 対応ソフト(x86)
http://www15.atwiki.jp/win7/pages/29.html

※ x86とかx64とかどっち?という疑問を持つ人は、x86で大丈夫。32bit、64bitどっち?という人も、32bitで大丈夫。

Tag:Windows7
2009-06-05 22:03

● Windows7は2009年発売らしい

いつの間にそうなったのか。
アメリカでは10月発売らしいです。

■ Windows 7の発売日が決定,だが価格やライセンス体系は不明のまま:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090604/331315/

来年発売予定だと思っていたけど、日本版はいつ発売なんだろう。
でも発売まで4ヶ月ほどだけど、価格やライセンス体系がまだ発表されてない。

VISTA所持者とXP所持者で値段変わるのかな?
大いなるたたき台「VISTA」をあっさり見限ったマイクロソフト。失敗作というか、マイクロソフトが有償で行った実験台だよね、VISTAは。私はこのOS嫌いではないです。もう慣れたし。でもたぶん、Windows7を買うだろうから、今わかってる情報だけ整理して、最近のパソコン事情などをまとめてみます。

Windows7が動くスペック

低スペックでも動くことが取りざたされているけれど、VISTAが動くPC性能くらいないと、VISTAと同じくらい文句言うユーザーは出そう(VISTAは高性能PCを求められて発売されたが、低性能のPCにインストールして「動かないヽ(`Д´)ノ」というユーザー続出だった)

だいたいこんなところでしょうか
CPU:Core2Duo以上
ビデオカード:3Dゲームしないのなら巷の5,000円くらいので充分動きそう
メモリ:2GB以上

そういえばVISTAではメモリ3GBの壁があったんですが、7でも、32bit版である限り、やはり3GBまでしか使えない模様。64bit版に切り替えれば128GB(だったかな?)まで詰めるらしいんだけど、64bitだと現状は動かないアプリケーションがあるので、世間が64bitに移行するのと、SSDが浸透するのとどっちが早いか。

SSDさえ低価格で出回ってしまえば、メモリにそんなにこだわることはなさそう。個人的には、自分が現在使っているアプリケーションと、FF11、FF14が64bit版でも動いてくれれば問題ないけれど(FF11は64bit版でも動くそうです)

■ 価格.com - SSD
http://kakaku.com/pc/ssd/

周辺機器

自分が待ちかねている周辺機器として、USB3.0があります。
まだサンプルケーブルが出荷されたばかりで、発売の話がとんとでてきません。
発売されれば、USBの手軽さでSATA以上の速度を誇るので、外付けHDDに持ってこいなんだけど。

どうやら、Windows7が先に発売されそうですが、その場合、USB3.0への対応はどうなるのか?
確か、Windows95はUSBに対応しておらず、98でもドライバがないと使えなかったもので、USB登場でパソコンの使い勝手がグンと上がる時にOSが普及の足を引っ張っていた記憶があります。Windows7が先に発売される てことは、USB3.0もめんどうな手順を踏む必要があったりするのかな?Windows7SP1が出る頃にはUSB3.0も登場しているかもですが。

■ 10倍速いUSB3.0! 搭載パソコンは2010年 - デジタル - 日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090520/1026348/

妄想

そういえばRC版などを使っていて気になったけれど、基本的な画面はVISTAと同じで、タスクバーありの、ウィンドウありだけど、ウィンドウの境界線ってなくてもよくない? メニューバーつかんでドラッグするし、隅にマウスをポイントしたらサイズ変更できるようになれば、太い境界線なんかいらなそう。

『不要な部分を消す』という選択肢を増やしてほしいものです。
Windowsは、『高性能で不自由なOS』というイメージ

タスクバーも、いらなくない?
いつまで『バー』にこだわるかな。せっかくウィジェットがサイドバーの入れ物をとけたのに、起動アプリケーションはいまだタスクバーに入ったまま。スタートボタンから始まる「すべてのプログラム」も個人的にはいらないです。「すべて」ではない一覧だから。インストール不要なフリーソフトが入ってないので、結局アプリケーションを自分で探さないといけない。ただ、検索ボックスは必要。インクリメンタルサーチは便利です。

Windows7では、タッチパネルの機能もあるそうで、発表を聞いた当初は「ディスプレー汚れちゃうじゃないか」と思ったけれど、ウィンドウの操作の究極形態はやはり手で直接操作できるところにあるんでしょうね。

ペンタブレットのように、直接ウィンドウに触れて操作できれば、やはり便利なことかも と思えてきた。でも、それってディスプレイ側も対応してないといけないんじゃないの? 当面は家庭よりも公共施設で普及されるかがキーになりそうです。

Tag:Windows7
2009-05-27 15:15

● VISTA Service Pack 2が公開

主な変更点は

  • Bluetooth 2.1への対応
  • Blu-rayディスクドライブの書き込みサポート
  • DirectXを使った表示の安定性が向上
  • Vistaのデスクトップ検索エンジンのアップデート
    (暗号化されたファイルも検索の対象にできる、共有フォルダーにあるファイルも検索できる)

■ ASCII.jp:Windows VistaのService Pack 2が提供開始
http://ascii.jp/elem/000/000/421/421874/?mail
■ Windows Vista SP2正式版リリース(ITmediaニュース) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000009-zdn_n-sci

 

でっていう?

OSとおそろいで、なんとも地味なSP2だこと・・。

インストールするには、SP1を入れておく必要があるみたいです。XPだと、SP2やSP3は、前バージョンの修正分も含めていたのに、なんか不親切なような。それとも無印とSP1でそんな大がかりな仕様変更があったのかな? 私はVISTAを買うのが遅く、SP1がすでにプリインストールだったのでよくわかりませんが。

ブルーレイもBluetoothも使ってない自分がわざわざ入れる必要あるのかな〜と思いつつ、入れてみました。不具合などは今のところない模様。

pc014 

そういえば、こんな記事を見つけました。

■ 「Windows 7はXPより速い」 MS公式ベンチマークの結果は(ITmediaニュース) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000039-zdn_n-sci

7がXPより速いのは当然でしょ・・? とおもうけど、VISTAがXPより遅いのはどうなのよ??XPよりも起動に関わるプログラムが多いっていうんですか?表示する情報も多いし、だからといって遅くなる重くなるPCでは、そりゃ誰も買わないね。

VISTAは、グラフィカルな面や安定性が売りだったけど、7ではさらに速さも売りにするんですね。あとは軽ければもっといいかな〜。IEとかいらないものを外せる(PCから削除できる)ようにしてほしいところです。

それとOSとは関係ないけれど、最近めっきり話を聞かない、USB3.0がいつから製品投入されるのか気になります。気になるといえばこの記事も気になります。

■ NECがUSB3.0を圧倒する超高速転送インターフェースを開発、安価なUSBケーブルで利用可能 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090403_nec_usb/

NECだけに独自規格の匂いがぷんぷんします。

Tag:Vista
2009-01-19 01:10

● Windows7が楽しい −いろいろ触ってみた編−

Windows7日本語beta版ダウンロードは以下からできます。

前回のエントリで、Windows7をノートPCにクリーンインストールしてみました。
インストールしたPCスペックは、セレロン1.8Ghz、メモリ1GB、HDD120GB、グラボがGeForce 8600M GT。だいたいこんな感じ

起動時の画面。
W7008

タスクバー&ウィンドウがすごかった

w7010 一見した見た目はVISTAそっくりだけど、触ってみるとまるで違う。進化してることがわかります。

ぱっとさわってわかる違いが、タスクバーがウィンドウの最小化じゃなく、アイコンが並んで格納される場所になってるってこと。アプリケーションを右クリックでタスクバーに常駐させる(クイック起動の機能)こともできるし、複数ウィンドウが開かれていても、アプリケーションアイコンは1つで統一され、画像のようにマウスを近づけると画面のサムネイルがポップアップされる。

このタスクバーが、うまく考えて作られていて、これまでは最小化されたウィンドウのアプリケーションの入れ替えができなかったけど、ドラッグ&ドロップで順番の入れ替えもできる。

タスクバーの右端をクリックすると、デスクトップが表示される。

w7009 起動しているアプリケーションを左右に並べる、上下に並べる、重ねて表示ができるようになってた。

タイトルバーをゆさぶると他のアプリケーションが最小化される。
ウィンドウのサイズを下にひっぱると画面の端まで大きくなる。

VISTAより快適

w7011

ウィンドウを透明にしてデスクトップをみることもできる。使うかどうかは別として。

サイドバーがなくなって、ガジェットが自由に配置できるようになってました。
「サイドバー」という入れ物がなくなって、より直感で使えて、入れ物がない分余分なマシンパフォーマンス食わなくてスッキリした感じ。

w7012 w7013 電卓とペインター。

ペインターが多機能になっててビックリ。BMP以外の形式にも保存可能。

クリーンインストールしたから、アプリケーションがなにも入ってないので、自分で1からいれるしかないんですが、とりあえずVISTAで動いているアプリはどれもふつうに動いてました。

w7014 
IE8になってなにが変わったのかよくわからず・・。IE依存のKIKIブラウザがうまく動いてくれず。
IEでは使いづらいのでGoogleChromをダウンロードして使いました。

webブラウジング程度では、ガジェットのCPUメーターはほとんど上がらず。
メモリ1GBのPCがエアロ使ってもサクサク動いてるのは感動しました。重いアプリを動かすと重くなりそうではあるけれど。

w7015
試しにニコニコ動画をみたら、やっぱ重くなってました。これはWindows7に限らず、PCのふつうの挙動でしょうが。

LANがわからない

一番困ったのが、家庭内LANの構築。
なんかやり方変わってるっぽい・・・。

■ Windows 7の実像 Part 6 無線LANとホームネットワークの改良
http://ascii.jp/elem/000/000/205/205227/index-3.html

VISTAとXPはワークグループで接続すればそれで使えたけど、Windows7では接続のためのパスワードが出てくる。それを入力すれば接続できる と上のリンクには書いてるけど、入力する画面が出なくて単にエラーがでてはじかれるだけ。

相互のPC間は見えているけど、フォルダやファイルを参照しようとするとはじかれる。
LANをさほど詳しいわけじゃないので、お手上げ状態です(´Д⊂
今回の写真全部USBメモリで別PCに移しました。λ....

Windows7って必要?

以前の自分のエントリの疑問に対する答えが、このbeta使っただけで出せそうです。

Windows7は必要。なんかうまく言い表せないんだけど、エコな使い方してるんです。PCが無駄にカリカリ言ってない。VISTAよりも省エネな使い方してる。根拠はメモリの消費量にあるようです。

■ ここがすごい! Windows7|無計画地帯
http://ameblo.jp/zettairyouiki/entry-10163502922.html

■ マイクロソフトのグリーンITが地球を救う!?
http://ascii.jp/elem/000/000/177/177873/

VISTAは黒歴史 とまでは言わないけれど、Windows7の踏み台であることは確定的に明らか。今から7への期待は高いです。7が出たら、2TBのHDDとOS一緒に買おうか とかすでに妄想が・・。betaにしても、これだけ完成度高かったら、もう移行しちゃいたいところだけど、このbetaは、2009年8月には使えなくなるようで、発売は来年のはずなので、8月にもうVISTAに戻れない環境になっちゃってたら困るな。

w7016 VISTAにもある機能で、エクスプローラのツリー表示してるフォルダの横スクロールがなくなっているのは、7でも同じでした。さらにVISTAみたいにあちこち動かないように、かなり深い階層までいってもなかなかスクロール状況までたどりつかないのが不思議だった。

でも、フォルダ名みえなくなってるだけなのかもしれない・・。

VISTAと比べると、直感的で使いやすく、完成度が高そうな7。VISTA使いとしても、発売が待ち遠しいです。

最後に、うちよりも詳しくわかりやすくWindows7を紹介しているブログさんを紹介しておきます。

■ 3流プログラマのメモ書き : Windows 7β版を Virtual PC にンストールしてみた。 Part4
http://jehupc.exblog.jp/9400706/
Tag:Windows7
2009-01-17 03:01

● Windows7が楽しい −XPからインストール編−

以前、「Windows7って、必要?」という記事を書きました。それから数ヶ月、やはり特別Windows7の必要性を感じないまま情報だけは集めていましたが、先日、日本語のbetaサービスが公開されました。

■ Windows 7 β、ようやくダウンロード開始 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0901/11/news003.html

w7001

早速ダウンロードしてみたら、ダウンロードファイルはISO形式ファイルでした。
これは、仮想ドライブにマウントして使用するか、このファイルをDVDに焼くことでインストールディスクとして使うことができるものです。

普段使っていないノートPCがあるので、試しにインストールしてみることに。
ノートPCは、XPで使用しています。
ところが、Windows7betaは、VISTAからのアップグレードには対応しているものの、XPからWindows7へのアップグレードは対応してませんでした。

w7002

XPでは、上の画像の画面で、「アップグレード」を選択すると、エラーが出ます。「カスタム」を選択すると、インストールする場所が選べました。これは、OSの核となるカーネル部分がまるで違うからアップグレードできないのかな?

アップグレードができないというだけで、クリーンインストールなら問題ないらしい。ゴクリ。ようするに、今まで使ってたソフトとかファイルとか、全部消しちゃって、1からセットアップするってこと。
ちなみにこのbeta版を使用して問題が起こっても、マイクロソフトもパソコンのメーカーも誰も何も保証してくれません。自己責任で行いましょう。

 

 w7003

クリーンインストールしてみた

ただし、XPの環境はそのまま残し、同じドライブへのクリーンインストール。なにかあれば、PC起動時にOS選択画面でXP起動できるようにした状態。

2回ほど再起動があり、1時間もかからずに、インストールは終わりました。

w7004

起動直後の画面。AERO未適用です。

w7005

AEROを適用し、壁紙を変更。真ん中にあるのはガジェットです。

私のノートPCはDELLの「Vostro 1500」
スペックはコチラ

セレロン1.8Ghz、メモリ1GB、HDD120GB、グラボがGeForce 8600M GTだったかな

w7006

VISTAにもある、パフォーマンスチェックを、Windows7でもやってみると、こんな結果でした。

w7007

もっと低いパフォーマンスかとおもいきや、意外に高い数値。
でも、VISTAでは最高値が6.0だったのに対し、Windows7では7.0が最高なようなので、数値は少し低めにみておくべきかな。
AEROにしたくらいでは重くなりませんでした。

そんなわけで、インストールは無事終了。
長くなるので、機能やさわってみた感じなどについては、別のエントリに書きます。

Tag:Windows7
2008-11-01 04:15

● Windows7って、必要?

Windows VISTAが発売されるとき、事前情報を仕入れて出した結論が、「別にいらない」でした。今は結局VISTAを持っているし、もうXPに戻ろうと思わないけれど、VISTAがある前提でWindows7の事前情報をみてみると、そのOSっていいもの? と思ってしまう。

VISTAを持ってなくて、Windows7を待ってる人にはいいと思う。

自分が見つけた、ここ数日のWindows7の特徴。

  • 見た目がVISTAにそっくり
  • OSの核となる「カーネル」がVISTAと同じ
    (VISTAの安定性はXP以上だけど、使用するソフトによる場合もある)
  • VISTAを強化させたOSとなる
    (Windows95<98や、Windows2000<XPのようなものか)
  • タッチスクリーンの導入で、指で画面を操作することができる
  • VISTAと違って、開発は順調に見える
    (元々OSの基盤はできあがっているので、VISTAへのてこ入れの延長なのでジタバタしていない)

見た目はVISTAと似た感じだけど、ウィンドウの操作が簡単になっていたり、タスクバーがアイコン表示になっていたりするみたいです。マウスを近づけるとサムネイルが表示されるみたいだけど、その機能好きじゃないんだよね。。新機能もいまいちぱっとしない。
あえて期待するなら、OSの起動速度がVISTA以上 と言われているところ。
ただし、VISTAの起動はXPより速い と言われているけれど、実はそうでもない。ていうか速く起動する設定をほどこしたXPと変わらない。(XPより処理が多いにもかかわらずXPと同じ起動時間ということは、XPより速いという意味なのかもしれない。Windows7もそんなごまかし程度の速さでしかないのかもしれない)

VISTAを使っていて、VISTAで満足しているなら、あえて7を買うこともないかなと思ってます。ただしこれは、今すぐWindows7が発売されるとするなら という前提で、そんなことはないので、実際の発売日までにはもう少し魅力的な機能が出てほしいところ。

■ Windows 7デビュー、その新機能は - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0810/30/news024.html

■ 【PDC2008】「Windows 7」登場! ベールを脱いだ次期OS:ニュース
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20081028/1009176/

■ Paul Thurrott's SuperSite for Windows: (英語・スクリーンショット多数)
http://www.winsupersite.com/Default.asp
Tag:Windows7 OS
2008-07-29 21:35

● サイドバーがあればランチャーいらない?

Windows VISTAが発売前に、良くも悪くも最大の目玉だったのが「AERO」ではないでしょうか。次いで、「フリップ3D」と「サイドバー」

フリップ3Dはともかく、AEROとサイドバーは実はXPでも使用できます。
XPのときに使ったことがあるので間違いないです。
ただし、システムファイルを上書きしてしまうようなことなので、やり方をここで解説することはしません。知りたい方は「AERO XP」や「サイドバー XP」などで検索してみてください。
もしくはGoogleデスクトップのサイドバーを使ってみてください。

そのサイドバー、XPの時にちらっと使ってたけど、なかなか便利でした。
ただ、メモリを大量に食っていたので、1GBしか積んでなかった当時のPCでは常時使用するのにむいてなかったため、使用を断念。

そして、つい先日VISTA用PCを購入したので、メモリいっぱいつんだし、サイドバー使ってみよう! と思って使ってみたら、楽しい楽しい。

あんまり楽しいので、自分のPCに入れてるサイドバーのガジェット紹介してみます。

pc013上から順に。

1.時計

ダウンロード先

アナログ時計で、デジタル表示もして、日時、曜日も表示してくれるタイプ。残念ながら色を変えたりとかはできない。

2.天気

サイドバーに最初からついているガジェット。
標準搭載の割に、朝、昼、夜でちゃんと表示が切り替わるし、自分の住んでる地域の設定ができて、温度が大きめに表示されてる。予報はないけれど、現在の天候・温度を知るにはちょうどいいです。

3.ばなタイム

ダウンロード先: いっつ - サイドバーガジェット

FF11用のゲーム内での時計表示。今ヴァナディールでの時間、月齢、曜日、設定によって飛空挺時間、タイマーなども表示できる。 欲を言えば、迷子のチョコボの国別開始時間がわかるといいな。サンド発だけでよいので(超個人的)

4.アプリケーションランチャー

ダウンロード先
紹介ブログ: Look at ...:

ランチャーへの登録は、プログラム本体をランチャー上へドラッグ&ドロップすれば登録できます。登録数が多くなると、自動で表示領域が広くなります。
表示順位も変更できます。体感でいじれるので設定はむずかしくないけれど、すべて英語で書かれてます。

5.Multi Meter 1.25

ダウンロード先
紹介ブログ: mitc - 日記

システム情報系ガジェットその1。
CPUとメモリの使用率を%表示してくれる。メモリはMB単位の数字でもわかるので、ぱっと見てサッとわかる。
こういうガジェットは、nDigiGadgetsというガジェットが人気でいろいろついてたりするけれど、見やすさと使いやすさで今のガジェットに落ち着きました。

ガジェットをダブルクリックするとタスクマネージャーが開くのも良いです。


6&7.Top Process

作者サイト(ダウンロードできます)

システム情報系ガジェットその2。

CPUやメモリを使用しているプロセストップ3(設定でトップ5など設定可能)を表示。
CPU用とメモリ用にわけて表示。

8.Autumn's Random Music Player

ダウンロード先

PCの中にあるmp3、wmaファイルをランダムに再生するガジェット。
1度再生したファイルは再生しないので、全曲再生するまで延々曲を再生し続けます。

ブルーハーツの次にイルカのなごり雪が流れたり、B'zの直後にチョコボのテーマが流れたり、自分のHDDにあるのに知らない曲が流れたり。
カオスっぷりを楽しんでます。

9.付箋

これも最初からついているガジェット。
なにかに使うかと思って、メモにおいてます。
見ての通り、使っちゃいません。全体的に暗い感じのサイドバーにしてるので、にぎやかしに置いてます。

 

システム情報を表示するガジェットはいくつもあるのに、システム温度を表示するガジェットがないのはなぜだろう?おかげでSpeedFanが手放せません。

それと、ここでようやくタイトルにふれますが、サイドバーでランチャ表示できれば、VISTAでランチャはいらないのかな〜。そもそも、ランチャ使ってみて良かったと思ったことがない。。ランチャのよさって、なに??
XPの時は、アプリケーションのショートカットを1つのフォルダにぶちこんで、そのフォルダ参照して起動させてました。

サイドバーの消費メモリが、今使ってるので20MB〜60MBで、普段FFと同時起動させておくのになんの不都合もないけど、ランチャーの消費メモリってどんだけなんでしょう。ランチャ自体には興味があるけれど、多機能=PC消費激しい と思ってしまうとなかなか手が出せません。貧乏性でサーセン。

ランチャ=作者が制作、スキンなどはあるけれど項目追加などは作者の更新待ち。
ガジェット=作者は多種多様。同じような機能で見た目が違うもの、個性に富んだものなど多数。言語により日本語以外の物も掘り出し物アリ。
と考えると、ランチャは趣味ツールになってしまうのかな。

Tag:Vista サイドバー ガジェット

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。