最新の10件の記事
2018-04-01 16:55

● 【その1】Ryzenを組む【パーツ選び】

これまで使っていた構成。
  • CPU:Intel Core i7-4790K
    • クーラー:サイズ 虎徹 SCKTT-1000
  • マザー:ASUS H97-Pro
  • メモリ:CFD W3U1600HQ-8G*2枚 ヒートシンク付き
  • グラボ:SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 470 4G
  • SSD:INTEL SSDSC2CT240A3
  • HDD:東芝 MD04ACA600*3台他
  • BDドライブ:Pioneer BDR-207JBK
  • モニタ1:DELL U2715H
  • モニタ2:三菱 RDT231WM-X

2014年の自作記事から変更があったのは、グラフィックボード、モニタ、HDDくらい。
なんの不満もない構成だったのだけど、マザーボードが一番最初に組んだときにケースとマザーボードをつなぐスペーサーを余分につけてショートさせるという、よく壊れなかったねというレベルのやらかしをしたまま使っていたのですが、SATAポートが1つ使えなくなっていて、年月がたつと2つ目も使えなくなり、HDDが認識したりしなかったりするようになり、徐々に壊れていっていたので、どこかでマザーボードを変えなきゃ。という状態のままだらだらと4年使っていました。
そして4年たつとCPUに対応したソケットを使っているマザーが激減していて、ほぼない状態に。
唯一見つけたASRockのマザーをアマゾンでぽちったのが昨年11月。しかし届かず。メーカーから納入されないということでアマゾン側からキャンセルされる始末…。
この記事を書いている2018年4月時点でも、対応マザーがまったくないわけでもないけど、選ぶ余地もないのは嫌だなぁ。ということで、新しいPCを組むことを決意。

2018年現在、PCでやっていることと言えば
  • FF14
  • 動画キャプチャー&編集
  • 画像編集

なので、これに合うPCを組むことに。
グラボはFF14のPC版を始める頃に変えていたので、今回は変更予定なし。

改めて4年ぶりにPC市場を見てみると、M.2ってなんですか?かびれいくってなんですか?はずうぇるってなんだっけ??
え?メモリも変えないといけないの??(使用中はDDR3。市場はDDR4が主流になっていた)

PC組むたびに1から勉強し直しになるんですが…(;´Д`)

CPU選び


さらに言うとIntelのCPUに今使っている4790K以上の魅力を感じない。
クロック数が今より下がるのに、価格は今のと同等かそれ以上。
できれば今のクロック数下げずに新CPUに移行したい と思ったけれど、それだとだいぶお高いハイエンドなCPUになってしまう。
4790Kってそんなハイエンドな位置にいたの?ていうかいいCPUだったんだなぁ。

うにゃうにゃ悩んでいたら、知人が「Ryzenという手もあるんでは?」
Twitterでも「Ryzenで組んじゃいなYO」
と。

まるで選択肢になかったんだけど、AMD系のCPUって、オーバークロックするために組むものじゃないの?(個人の感想です
オーバークロックは大変そうだからあんまりやりたくないなぁ。
と思いつつ、一応Ryzenを調べてみる。

なんぞこのスペックと価格!?
6コア12スレッドで3万円しないの??

なんで???
ていうかこれ、動画編集やらエンコードやら、ゲームしながら動画見たりする私にもってこいのCPUなのでは??
ほとんど一目惚れに近い形でRyzen組むことを決定。

CPU決定し、価格を抑えられそうなので、他のパーツをざっくり検討し、予算を決める。

マザーボード選び


マザーの前にチップセットを選ぶ。
私はHDDを大量につなぎたいので、SATAポートの数が多い方がいい。できればUSBポートも多いといい。
なんせCPUの価格を抑えられるので、その分マザーボードをいいのが選べる。
そういえば今まではいいCPU選んでも、マザーは¥15,000以内とかで値段で選んでた。でもどっちも大事なものだし、マザーもいいのを選ぶのが大切なことなのかも?

最初に候補に挙がったのがASRockの「X370 Taichi
SATAポート10個は魅力。M.2スロット2つもあってどうするの??と思ってたけど、今思えばM.2を2つ挿してCドライブとDドライブで使い分けできるとそれはそれで楽しいかも。

ただ、M.2というものが私には未知の世界で、現物を知らないまま組み込むことを決めていた(ショップに見に行けばいいのに)ので、M.2を組み込む場所が他のパーツと干渉するかも?という書き込みをどこかで見て、このマザー買うのをやめました。

結局購入を決めたのはGIGABYTEの「GA-AX370-Gaming 5 (rev. 1.0)
SATAポートは8個。これまで使っていたのがSATAポート6個(内2個は故障して実質使っていたのが4個)なので、必要十分。
ASRockのマザーと比べて、勝っている部分はよくわからないけど、劣っているとも思えない。
これグラボを挿すPCIEスロットの真下にM.2挿す場所があるんだけど、ASRockのマザーよりグラボと干渉するのでは??と心配してましたが、結果として、そんなことはなかったです。逆に言うと、ASRockのマザーも他のパーツと干渉することはそうそうないと思います。

あと決め手はメーカーの名前。自作erでもない私にはASRockよりGIGABYTEの方が安心感が持てる。


M.2 SSD選び


なにこれ? からの Read3000超えのDiskMark画像を見て ほしい! の手のひら返し。
M.2に関しては知識ゼロだったので、めっちゃぐぐりました。今でも語れるほど詳しくもないので割愛しますが、組んで後悔はしていない。

そしてなにより、パソコンの性能をCPUが決める時代は終わった と思ったほどです。


■ 参考サイト様
・今話題のM.2 SSDとは?どのくらい速いの?発熱問題は?・・・様々な疑問にお答えします

メモリ選び


メモリはDDR4なら8GB2枚あればいいね。そだねー。と思ってたけど、AMDのCPUだとメモリとの相性やメモリの性能でCPU性能が変わってくるとかで、今までメモリの勉強とかしたことなかったけど、改めてぐぐり倒しました。
DRAM搭載個数とか考えたこともなかった…。2枚であれば速いのかと思っていた…。

■ 参考サイト様
・メモリクロックはAMD Ryzenのパフォーマンスに大きな影響を与える
http://chimolog.co/2017/06/bto-ryzen-memory-clock.html

・メモリ屋社長のちょっとタメになるメモリ話
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/century_micro/1053794.html



ぽちる


パーツが決まったので、購入。新PC組むこと決めてからポチまで3ヶ月かかりました。
やる気ゼロから「組みたい」と思うまで3ヶ月かかったとも言える。

そして購入店舗はパーツ選びより先に決めていた。
安心と信頼のTSUKUMOさん。
※ ここ十年ほどTSUKUMOさんで購入したパソコンパーツは初期不良がなく、経年劣化や自損でしか壊れていないので、そういうサービスを維持し続けているという点も信頼できるショップさんです。
※ 延長保証、交換保証があるので購入直後の故障、相性問題などの不安が減る。(ただしパソコンパーツはメーカーの保証期間が長いものが多いので延長保証はお財布と相談)


ところがTSUKUMOには、私のほしいCPUが売ってなかった…。
購入を決めたとき、AMDから新APUが発表&発売され、市場はAPUが多く、AMD CPUはやや下降気味。そして私の買おうとしているRyzen 5 1600Xは終息気味だった模様。
Ryzen 7 1700 なら販売してたけど、オーバークロックなしで前のCPUとのクロック差を埋めつつ価格を抑えたかったので、どうしても1600Xがほしかった。最初に一目惚れしたのも1600Xだったから。
結局CPUとファンを1つアマゾンで購入。

届いたのがこちら。

ama01.jpg

え…?

ama02.jpg

は…?

ama03.jpg

ケンカ売ってるのかな?

ama04.jpg

TSUKUMOさんは安定やでぇ。


アマゾンで1万円を超すパーツやデジモノを買うのはやめた方がいいです。心臓に悪い。梱包がギャンブル。
ちゃんとしてるときもあるけど、最近はこういう適当なのがざら。

ツクモさんはこの画像の上にクッション材が敷き詰められていて、箱の中身の半分はクッション材でした。さらにビニールで全パーツ固定してあって安心できる。

今回のシリーズ記事
・【その1】Ryzenを組む【パーツ選び】
【その2】Ryzenを組む【M.2 SSD】
【その3】Ryzenを組む【ベンチマーク】
Tag:パソコン 自作
最近の10件の人気記事